今年もマリノスにシャーレを 2020

シャーレを掲げることは難しく、守ることはさらに難しい。連覇に挑む2020年、アウトサイダーではなく本命として、今年もシャーレを掲げよう。座右の銘はシャーレです。

審判員

飯田淳平主審200試合セレモニーへの拍手

扇原貴宏がPKを取られたプレーは、シミュレーションだったのか。判定通り、郷家へのトリッピングを取られるべきだったのか。私の結論として、7回に渡って繰り返しビデオを見てから言えば、「PKではない」が正しいと思う。 タカはボールにチャレンジしたとは…

半年ぶりに公式戦の笛を吹いた話

趣味が高じて、とまでは言わないが、今年1月に3級審判の昇級試験に合格した。普通のお父さん審判は4級資格を取る。公式戦ならば、それが小学生の市区町村レベルであっても、この4級審判の資格が必要となる。ただ半日の講習を受ければ、誰でも左胸にレフェリ…

松原健のスライディングに関する考察

三協フロンテア柏で行われた柏レイソル対横浜F・マリノスの両チームが球際で激しくしのぎを削り、スピーディでハイテンポな好ゲームとなった。マリノスは3-1で、勝利し今季初の4連勝を挙げた。しかしながら前半34分、マリノスのペナルティエリア(PA)内で起…

サッカー3級審判・昇級試験の過去問と解説

筆記試験の構成は、半分が用語や数字の穴埋め問題。後半が実際のジャッジを自由記述で回答するというものだ。実際には数字や用語は選択式となっている。前半に問題を、後半に解答と解説を書いた。なお試験担当の方によると、問題は複数の種類用意していると…

【速報】シャーレ審判、3級昇進へ!

審判員をやる10のメリット それにしても、サッカーの審判になるなんて思いもしなかった。 審判にはランクがある。一番下が4級で、3級、2級、1級と上がっていき、国際副審、国際主審が頂点になる。2019年、日本のサッカー国際主審は男女合わせて11名で、国際…