銀皿航海 蹴球7日制

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

荒ぶる神戸に対して、平常心でいたい

本当に解任された。
いや、本当に本当だろうか。

ラウドルップ、ファン・ハールという後任の監督候補の飛ばし記事の内容がいかにも胡散臭い。

 

吉田孝行監督代行は守備をしない選手は使わないと明言したらしい。ということは、至宝のルーカス・ポドルスキは出場しない…?

なんと高度な情報戦(棒)か。

 

CFGの利重さんは、もともとクリムゾンフットボールグループに籍を置いていた人。こんな凄まじい環境で仕事をしていたのだとすると、そりゃあマリノスでも昨オフの契約交渉が随分と荒れたはずである。

 

神戸の監督の後任人事は大荒れの予感。

上述の通り、

・クラブに在籍経験もあるミカエル・ラウドルップ

・昨夏にバレンシアをあっという間にクビになったアジェスタラン

・バルセロナやオランダ代表、マンUも率いたことがあるファン・ハール

と、もうサカつく状態。

さらに球団社長らフロントも更迭されており、まともとは言い難い。

 

そこに日曜日に唯一の開催で世間の耳目は集まりやすく、ポドルスキの本領発揮はあるのか、吉田孝行の初陣は?

ハーフナーマイク、渡邉千真と前線はOBばかりで得点するならほぼ恩返し弾と、対戦相手のマリノスからすればフラグ迷惑でしかない。なんでこんな状態で神戸とやらなきゃいかんのか。

 

 神戸が自爆気味に思えるからこそ、マリノスはやりづらい。ヤケクソという言葉がある。16位の大宮との勝ち点差が10の神戸には、このままだと優勝どころか残留争いに巻き込まれるという危機感があるだろう。

 

さらに翌日に伝わってきたのは、後任監督の新たな名前。

それも浦和を解任されたばかりのミハイロ・ペトロビッチに、八百長疑惑で日本代表監督の座を追われたハビエル・アギーレ。もうね、目指すサッカーの方向性も何もあったものではない。

 

エリク モンバエルツ氏を監督に迎える決断をしたのは、当時の嘉悦朗社長だったそうだが、いくらCFGが人選を絞り込んだ後であったと言っても、最後は人柄で決めたという経緯はそれなりに批判を浴びた。

だが神戸は、当時のマリノスのやり取りをかなり高いレベルで上回る。

 

私は思う。こんなチームには負けるわけにはいかない。

夏、ポルディとマイクを迎え入れたのだから、最も精力的な補強を行ったのは神戸と言っていい。こちらの秘密兵器は、ロシア帰りの世代別・代表経験者の篠塚一平その人である。背番号は37に決定。

 

金なら楽天。心ならマリノス。我孫子の実家から、片道2時間かけて新横浜まで通う篠塚は、早くも神戸戦でのベンチ入りが噂される。

 

新井一耀が名古屋で初ゴールを挙げて、熊谷アンドリューが好調千葉で先発の座をしっかり固めつつある。田口潤人も仲川輝人はほぼ毎試合で得点が欲しい場面での起用が続き、中島賢星も和田昌士も新境地に挑んでいる。あ、カイケは…?

 

 

日曜ただ1試合の開催。DAZNの何の戦略なんだか、サンデープライム。

今日、鹿島とC大阪の結果次第では、明日首位浮上の可能性ありとは言うが私はあまり関係がないと思っている。勝たなきゃならないのはどんな状況であっても同じ。とくに今の神戸に負けたとあっては、いい晒し者だ。

 

鹿島ー清水 18:30KO、カシマ。

磐田ーC大阪 18:30KO、ヤマハ。

 

こうした他会場の動向に目を配らせながら、できれば兵藤慎剛、河合竜二の札幌に川崎さんも足止めしてもらって、明日を待ちたいところ。

 

平常心。

チームは一丸となっているか

ネルシーニョ監督、解任へ。
www.hochi.co.jp

もう何度目だろうか。
信じるも信じないもあなた次第。
このエントリーで議論したいことは、この報道の真偽ではない。今日の午後には、それを否定するクラブ関係者のコメントが出るのだろう。日曜日、吉田孝行監督代行との試合が待っているとは、私には思えない。ポドルスキー、レアンドロらを誰が御せるというのか。たぶん辞めさせないと、私はまだ思っている。仮にネル爺本人が、辞めますって声明を出した後でも信じない。

なぜそのタイミングだか知らないが、やたらとマリノスはこの人の辞める辞める詐欺に振り回されてきたからだ。

柏時代には、辞めたはずなのに、2〜3日で練習に復帰してなぜかチームの結束力がかえって高まるということがあった。監督解任による一時的なバカ力、いわゆる解任ブーストを、自らの首を斬り落とすことなく引き出すという高等戦術であった。マリノスは苦手のネルシーニョは健在だわ、でも辞めた風に一丸となった工藤壮人、大谷秀和らの前にあえなく敗れ去っている。

チームスポーツである以上、一丸となっているかが大事なのは言うまでもない。試合に出場している11人の考えていることがバラバラであれば、うまくいくはずがない。よくある話が、守れ、下がれと指示する最終ラインと、いやいやお前らが守れよ、俺が点を取ってやるからと前線で守備をサボるFWの対立である。

試合に出られないメンバーが腐ってしまうこともある。それは選手自身の問題であり、チーム環境によるところも多い。

こんな記事も見つけた。浦和に、というかペトロヴィッチ監督に対して辛辣な記事だが

監督交代に見る「先見性」――例えば鹿島の、そして浦和のタイミングはどうだったか? | サッカーダイジェストWeb

求心力。すでに自信を失っていた同監督をもっと早く解任すべきだったと言っている。
監督解任後の主力選手たちの後悔のコメントを見ると、決して選手たちの支持を失っていたとは思えないのだが、負のスパイラルに入ってしまっていたことは間違いない。また、リーグタイトル争いから早々と脱落する中で、ACLを全力で狙うなど新たな目標設定を示せなかったことに、指揮官・リーダーとしての限界を感じるのは確かだ。

選手の支持だけでは監督は務まらない。
試合に出ている11人と、それ以外の選手。加えてクラブ、スポンサー、サポーターも納得させる必要がある。

もう1年近く前になる。エリク モンバエルツ監督は、選手からの支持、求心力を失い、退任が既定路線だと報道された。当時、そうだったのか、どうかは知らない。そこから信頼を取り戻し、チームを再建したという仮説は無理があると思うので、主力選手が反発し監督は孤立、チームは崩壊、という前提そのものに無理がある気がする。

先の鳥栖戦終了後の監督会見で、唸らさられたフレーズがあった。好調の山中亮輔の活躍について質問されたときのことだ。

山中の現在のプレーは、特別なプレーではないのですが、ハイレベルを続けてくれていると思います。まず守備が素晴らしい。そして前へのオーバーラップも素晴らしいです。オーバーラップをしてクロスも送れますし、フィニッシュにも絡める。ですので、山中だけでなく松原も、今日は出ていませんが金井も、攻撃を活性化してくれています。
ただ、やはり今の両サイドバックに求めていくのは、良い守備をすることとオーバーラップを何回も繰り返して攻撃のところでチームにプラスになってくれることです。またケガをしていた下平も、今コンディションがどんどん上がってきていますので、いい形でチームに加わってくれています。今、F・マリノスには4人のレベルの高いサイドバックがいます

ベンチに座っていた金井貢史のことも、ベンチ外が続く下平匠にも配慮とリスペクトを持ったコメント。

同様にボランチについても、この日出場しなかった中町公祐に言及する場面があった。

これは「配慮」と書いたが、政略的な態度ではないと思う。おそらく本気で思っている。そのことは、当然選手も感じ取る。

ベンチにはベテランの栗原勇蔵も控えている。彼らが、試合出場機会が少ないからといって不貞腐れることは想像しづらい。「マリノスへのロイヤリティが強い選手たち」(中町)が集まっているからである。

次戦、ネル爺が来ようが、そうでなかろうが、マリノスはそう簡単に動揺しないのである。一丸なチームらしい、いい雰囲気が出てきた。

3連戦3連勝。無失点が誇らしい【J1第22節・鳥栖戦】

自陣でボールを奪った山中亮輔は、齋藤学とのワンツーリターンを受けた。周りに行く手を阻むDFはいない。

それなら進むだけだ。ハーフウェイラインを超えて、ペナルティエリア付近まで進むと、ようやく鳥栖のDFが寄ってきた。

俺自身が決めてやる。山中の魅力の一つである積極性で、果敢にシュートを撃つ。権田修一は止めたかったのか、弾きたかったのか。
何れにしても、彼の眼前にはすでにウーゴ ヴィエイラ。「そこ」にいたことが、素晴らしい。背番号に並んだ今季7点目だが、アシストが記録されない山中のお手柄だった。

あっさりとした先制点。よくある甘い考えなら、この後何点もあげられそうなほど、容易かった。そしてよくある展開のように、1点も入らなかった。

2点目が取れなかったことは、確かに誤算だった。もっと楽な展開に持ち込めたはずが、そうできなかったのは未熟な点だろう。
特にマルティノスの突破からマイナスのクロスでお膳立てしてもらったのに枠に飛ばせなかった学のシュート。それに富樫敬真の至近距離1対1を権田にブロックされたのは稚拙。
これしかない、という勝ち方の理想的な1-0とは程遠い。2-0、3-0で勝つチャンスはあったのだから。

けれども忘れてはいけない。この試合は、真夏の3連戦の3試合目だったのだ。しかもアウェイ、アウェイの後。単調で、少し守勢に回った時間を責めることなどできないだろう。3連戦で失点ゼロという結果だけが素晴らしいのではない。山中がさらりと「最後にやらせないのがマリノスの伝統」と言い放つように、3試合連続完封勝利の結果として生まれた自信にこそ、真の価値がある。

イバルボの強烈なフィジカルと、粘り強さには多くが手を焼いた。それでも山中は一歩も引かずに戦い抜いた。柏から移籍してきた時には守備意識と技術に難があると言われてきた山中が、だ。中澤佑二をはじめとする手本の存在が良い影響を与えていないはずがない。
中澤は、ボロボロの両膝を抱えながらも、ごくたまーにエリア付近で相手FWにクリアボールを渡してしまったりしても、締めるところは締めてくれる。

扇原貴宏と喜田拓也のボランチコンビを持ち出して、守備意識の高い人とだと守りやすいと、賛辞を送る。これは彼らには励みになる評価だろう。

プレーのクオリティの問題どうこうではない。意志強く守り抜いたことを、称えたい。ウーゴにも感じるところがあったのかもしれない。この試合のウーゴは、早々の得点で気分を良くしたこともあり、守備にも奮闘した。エリク モンバエルツ監督が求める1トップとしての役割をウーゴなりに果たしたのだ。

三ツ沢の雰囲気。
アウェイ、アウェイが連続し、次週もまた神戸でアウェイが続く中でのホーム、三ツ沢。
新規顧客の獲得という意味では、お盆休み真っ只中に、日産ではなく三ツ沢を選ぶのは甚だ疑問だ。しかし、マリノス好きばかりが集まる三ツ沢の雰囲気はまさにホーム。

トリコロールの美しいコレオグラフィを思いつき、実行した情熱には、心から敬意を表したい。

殊勲の山中をはじめ、松原健や富樫、杉本大地らがトリパラを回して、場内をまわっていた。
スタンドとピッチの一体感。最高の雰囲気だ。

鹿島が10試合ぶりの敗戦で、差は3に縮まった。これは盛り上がるなというほうが無理な展開だ。

ここからが本当の勝負だ。

扇原よ、やられた分をやり返せ!【J1第22節・鳥栖戦 展望】

11試合負けなしの好調、横浜F・マリノス。
そんな紹介が心地よい。もう12試合前の敗戦のことなんて、はるか昔。

5月7日といえば、ゴールデンウィーク最終日。相手はサガン鳥栖だった。この試合で3連敗、順位は今季最低の13位まで下がっていた。降格候補と予想した人からすれば、ほら見たことかという感じだっただろう。あの頃、マリノスはどん底にいた。

特にどん底の思いだった選手がいる。この試合で唯一の失点であり決勝点を「献上」してしまった扇原貴宏だ。

本人からすれば思い出したくもないだろう。前半13分、右サイドの金井貢史(※松原健の誤りでした。すみません)から後ろ向きで短いパスを受けた扇原は前を向こうとしたその瞬間に、強烈なプレスにボールを奪われてしまう。キーパー飯倉大樹と1対1になり、難なく決められマリノスには重い重い1点がのしかかる事になる。この1点をどうにも取り返すことが出来なかった。

今夜、やり返すことはできない。決勝点をあげた鎌田大地は今夏、ドイツに旅立ったからだ。そもそも扇原に鳥栖戦において特別な気持ちがあるかどうかは分からない。
ただ確かなことは、3ヶ月前とは彼の立ち位置が違うことだ。マリノスの11戦負けなしを中盤で支えた事に異論を挟む者はいないだろう。押しも押されもせぬボランチの中心にいる。守備のミスがないわけではないが、前節はヘディングで今季のリーグ初ゴールもマークした。彼もまた存在感を増している。

 

彼に期待すること、それは中盤の攻防である。新潟、札幌を通じて課題となったのは、とりわけ前半の出足の鈍さだった。セカンドボールを握られて、相手のプレスに気後れして、ペースを渡してしまった。

相手にも助けられて、無失点でしのいだから結果的には後半に突き放すことができたが、鳥栖を相手に同じことをするのは危険だ。

鳥栖も高い位置からプレスをかけてくるだろう。札幌や新潟より質は高い。追いかける展開には、したくない。ベアスタの対戦時の例を持ち出すまでもなく。

 

さらに、真夏の連戦の疲れで、後半の早い時間からオープンになるのではないか。イバルボや豊田陽平には当然注意だが、鎌田がいないのは結構デカイかもしれない。

 

齋藤学とマルティノスにもさすがに疲労の蓄積が懸念される。90分、限りなく高い集中力を保った方が試合をものにするだろう。

前回の鳥栖戦の時のような、得点力不足に喘ぐマリノスはもういない。相手の隙を突くしたたかさを身につけつつある。

 

新潟、札幌と続いて次節も神戸に遠征が続く。負担も大きいだろうが、これでようやく中6日空く。

 

鹿島に食らいつくためにも、やられた相手にきっちりやり返す(鳥栖は前半戦で黒星を喫した相手との初対戦となる)ためにも、絶対足踏みできない。

 

やり返したい。真夏の三ツ沢。すごい行列、間もなく開門だ。

 

 

目指すところは勝ち点40じゃない

新潟、札幌と魅力的で魅惑的なアウェイ2連戦を欠席してしまい、三ツ沢のシート貼りを待ちながら、このエントリーを書き始めた。

1年前から日程を決めていた海外旅行が、札幌遠征と重なってしまったのは、実は1月から分かっていたこと。札幌には、広島の復調に負けることなく、来年もぜひJ1に残っていてほしい。海外もいいが、マリノス観戦の北海道に優るあらめやである。

逗留先はDAZNの対象外だったため、札幌戦は結果のみ把握。これで、ついに11試合負けなし。
勝ち点は40、これでリーグ3位に浮上した。

40は、J1残留争いにおける安全圏とも言える数字だ。実際の15〜16位の最終勝ち点は30台どころか、20台に終わる年もあり、すでにマリノスの残留は固かった。一方で、確率上でゼロになったわけではない。
史上最も勝ち点の多い16位は、2012年の神戸で勝ち点39。この年はG大阪が勝ち点38で17位だったから希に見る「割りに合わない」年だった。それでも40あれば、残留できる。

そういう意味で、40は特別な数字である。残留を目指すチームにとっては。
今季の幕開けに、俺たちの報知を除いては、マリノスへの評価は低く、中には降格候補に挙げる解説者や評論家もいた。そのため、節目の40に到達したことで、「評論家たち、ザマァw」「大正義、報知!」「3位ですが、何か」という声がマリノスサポーターの間から一斉に上がったのである。

ザマァの思いは私にもあるが、始めから残留などを意識していなかった選手たちには、40到達で騒ぐのはかえって失礼なのではないかという思いもある。

齋藤学はじめ、選手たちはそんなところを目指していない。もっと高いところを目指してきた。3位は好位置だし、ACLも視界に捉えている。だけれど、それでもない。

勝ち点40の上には、2チーム。46の王者・鹿島と、44のC大阪だけだ。C大阪は今節の試合を消化済みなので、マリノスが勝利すれば勝ち点差1まで縮まるのだ。
すると、やはり本命は鹿島。監督交代により結果が出ており、ACLの死んだフリ早々敗退作戦も奏功しており、死角が見当たらない。

けれども21試合を終えて、去年の勝ち点は32。今年は40。鹿島に挑戦する権利は間違いなくある。32のレベルでは到底大声で言えなかった言葉が、今ならはっきりと言える。
ちなみに2013年は44で、22節の相手が鹿島だった。そして敗れている。
その言葉とは、もちろん「俺たちは優勝を目指している」

 

中島賢星、仲川輝人に続いて、高野遼と新井一耀が相次いで期限付き移籍の道を選んだのは、自己研鑽を見据えてのものだ。優勝を狙う今のマリノスにいても今季はほぼ、あるいは全く出番がないのはその通りだろう。どの移籍もポジティブな動機であるし、実りが得られることを願っている。高野、賢星、仲川ともに出場し始めているし、新井も今夜スタメンでのデビューが濃厚と伝えられている。

その上で現有戦力の選手たちが、ここからいくつの勝ち点を積み上げられるのか。それは一時的とはいえマリノスを離れた選手たちのためでもある。

 

残り13試合で、必要な勝ち点30。すなわち、合計で70になる。目安で言えば9勝3分1敗は、とても高いターゲットだが不可能ではない。

目指すところは勝ち点70。その時にこそ、評論家ザマァではなく、勝利の快哉を叫ぼう。始めから残留なんて目指しちゃいない。

 

そのためにも、この夏の主役は譲れない。