銀皿航海 蹴球7日制

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

此の横浜に優るあらめや?!【J1第15節・長崎戦】

こんなに足取りの軽いスタジアムからの帰路はいつ以来だろう?と考えながら、もしも、1-2のまま終わっていたとしたら、ということも考えた。

5得点取った後だから、少しだけ余裕を持って振り返れるが、この試合に至るまでの巡り合わせを考えたら、十分にありえた結果だ。

来い!来い!来い!というゴール裏の歓声と、惜しいというため息が交互にやってくる焦れる展開。「チャンスは作っていたのに、ラストのところで決め切れなかった。中断期間にそこを高めて行きたい」と、監督のコメントが怒りに火を注いだだろう。

失点はあほかというほど軽かった。山中亮輔のせいにするつもりはないが、2つのシーンで彼のボールウォッチャーぶりが目立った。悲しいほどドフリー。あんなん、誰でも決めますやん。

あのまま終わっていたら。私たちはきっと今とは180度異なる気持ちで、ため息と落胆と絶望で、あと1ヶ月半を過ごしていたのかもしれない。

 

仲川輝人は決められる気がしていたのだという。その根拠のないであろう自信こそがストライカーに必要な資質だ。待望の同点ゴールと、逆転ゴールの2発。開幕当初、紅白戦にすら出られなかったのは、戦術理解度が他の選手より低かったからだとアンジェ ポステコグルー監督は解説する。この2ヶ月、最も立ち位置の変わった(変えた)選手だったと言っていいだろう。

 

18歳にして堂々としたプレーを攻守に見せる山田康太が右外のレーンで一人を交わして上がる。クロス、長崎のDFにあたったボールがクロスを待っていた仲川の目の前へ。1失点目の不運と帳尻が合うかのようだ。それを迷いなく、ただし枠外に逸れないように少しだけ大切に振り抜く。

それからわずか7分後だ。今度は松原健だ。仲川にパスをつけると、彼は右サイドに流れる。ほんのわずかDFが松原に引っ張られたのを、仲川は見逃さなかった。狭い、ニアサイドを撃ち抜く。GKの手さえ弾くような速いシュートで。

 

このようなテンポでゴールが決まることを「押せ押せ」という。これまでのマリノスは「押せそう」止まりだった。「もう少し押せば、押せ押せになったかもしれない」だった。その呪縛のような重たく錆び付いた扉を、仲川が押し切ったのだ。

 

扇原貴宏の4点目、ミロシュ デゲネクの5点目は、同点の場面なら惜しいで終わりがちなところ。あれが決まるのは、仲川が一発で押せ押せにしていたからだ。ウーゴ ヴィエイラの6点目は…次にとっておく。同点の場面でウーゴにあれをやられていたら、狂い死んでいた自信がある。

 

お立ち台で仲川は叫んだ。「最高でーす」そうさ、5点も取りゃ最高だ。監督は言った。「もっと点が取れた」。あんたも最高だよ。

 

5点を加えて、暫定ながらリーグ最多得点に躍り出た。にもかかわらず、得失点差はまだマイナス1というアイロニー。公式戦21試合目にして、あのタコ殴りの湘南戦を除けば初めて革命の対価が得られた攻撃的サッカーが結実した試合となった。

 

中断したくない。このまま次の試合をやりたい。ここで止めてしまうのはもったいない。その通りだが言わせてもらいたい。

 

結果という自信を携えて、中断期間という熟成の日々を迎えられるからこそ、マリノスは強くなるのだ。

マリノスが降格に近づくことを怯える日々は終わった。これからは他チームがマリノスサッカーに怯えるのだ。はい、言い過ぎ。

 

この試合をターニングポイントにできるか。それはこれからに懸かっている。

勝ち抜けか、敗退か まだまだ続けよ【YBC第6節・新潟戦 展望】

5試合で勝ち点8なので、勝てば11となる。

今年から大会のレギュレーションが変わったので、グループステージで1位だろうと2位だろうと、ノックアウトステージに挑まなくてはならないが、ナビスコの時代からグループステージの突破条件である2位以内に入るための目安の勝ち点は11と言われてきたから、ちょうどその勝ち点に達するかどうかである。

 

ちなみに引き分けでもマリノスの2位以内は決まる上に巡り合わせで、最終戦はホーム。今季をJ2で戦う新潟が相手というのは「普通に勝たなくてはならない」試合だ。

 

マリノスは勝ちか引き分け。

仙台は勝ちか引き分け。

新潟は勝ち。これが自力での突破条件で、仙台が負けた場合は、新潟は引き分けでも逆転突破となる。味スタのスコアもにらんだ上での試合運びとなるだろう。

 

最前線に左から遠藤渓太、伊藤翔、オリヴィエ ブマルが並ぶのは概ね予想通りだが、ユン イルロクはサブなのかな。中盤トライアングルは、アンカーに扇原貴宏と右インサイドに喜田拓也が起用されるのはリーグと同様。連戦がようやく終わるためリーグ戦組とミックスしてきた。

そして目を引く山田康太の先発予想、しかも右サイドバックではなく本職である。これまでルヴァン杯のチョイスでは1年上の元10番の先輩、吉尾海夏が出てきたことを考えると、チーム内のプライオリティに変化が起きている。いや、山田が起こしたと言うべきか。

 

左サイドバックに下平匠ではなく、金井貢史というのもここまでの経緯を考えると意外ではある。実質復帰2戦目の栗原勇蔵とミロシュ デゲネクがセンターでコンビを組むなら、確かに金井も「本職」で見てみたい。

 

これらに名前が上がってこない選手を、移籍か?と憶測する人もいるが、そんな想像は誰も得しない。起用のプライオリティが変わるのは当たり前であり、変わらない方が批判が起こるもの。チャンスを掴む選手がいれば失う者も当然いる。

まだ5月で、来週からは長い中断期間だ。構想外などというには早すぎるし、7月にはまた異なる選手に出場機会がやってくるはず。

 

6月に、天皇杯は別として、貴重な公式戦を生み出すことにもなるこのグループステージ最終戦だ。タイトル云々を語る前にまずは、絶対突破。

15連戦の14試合目、これと週末と、勝って休みに入ろうじゃないか。

 

 

現時点でポステコグルーが無能とか言っている人への反論

まあ確かに、チグハグである。

用意されたタオマフがガンバ柄に見えてしまうという皮肉のようにチグハグで、そのタオマフが一番勢いよく振り回されたのが、試合中のゴールシーンや勝利の凱歌を歌う時でもなくハーフタイムのminmi登場のくだりと言うのもチグハグである。

ウーゴ ヴィエイラの動きは中途半端だったが、彼を下げるとともに仲川輝人が中央の1トップに残るなど、おそらくは練習でも試していないだろう陣形もチグハグだった。

 

ただし、仲川が悪かったとも思わないし、この不思議な交代策をこき下ろしたいのでもない。それよりも、エリア前後で攻撃に加わる選手の少なさこそがチグハグである。昨年に比べればそれでも多いのだけれども、エリア内に侵入してくる選手が少なく、それでチャンスをゴールまで結びつけられないという勿体無さが目立つ。特に仲川が中央に入ってからはそうだ。理解度とパフォーマンスの差がありすぎる。

 

かと言って、ウーゴの交代策は意味が分からなかったという試合後のコメントは良くない。ただスタンドからも感じられたように多くの選手が意図が分からなかったとするなら、それは奇策そのものよりも、伝えられなかった監督に問題があると言える。

 

大きな穴ははじめからある。穴を見せてこそ、高いリスクを取ってるからこそ、得る果実が大きいというサッカー。もっと言えば、ミスの可能性の少ない、能力の高い選手を揃えなければということになる。だが、それは不可能だ。では、このJリーグでは実現の難しい分不相応なサッカーを目指しているのか。理念に殉じていいのだろうか。

 

ただ惜しくも結果が出ていないが着実に良くなっているから、と首脳陣は言う。選手も概ね「新しいサッカー」への手応えを語り、専門誌などは道半ばだがこれが完成したら脅威になると持ち上げる。

だが多くのサポーターたちは不安で仕方がない。着実に前進しているのかどうかが良く分からないからだ。

 

でもね。本当にね、信じるしかないと思うのだ。

wegottadigitupsomehow.hatenablog.com

 

たった半年前のシティパパに関するブログ。ジョゼップ グアルディオラを招聘した上に、ピッチにはシルバやデブルイネが居るにもかかわらず、ボールポゼッションが不安定とか、決定力に問題があるとか、カウンターに弱いとか、いったいどこのマリノスだよ。年間最多勝ち点を叩き出し無双状態のシティは見る影もない。

 

もちろん、それだけで、半年後にマリノスが無敵になっているという保証にはならないのだけれど、ポステコグルーは無策ではなく壮大な実験中なのだということはわかるのではないか。

 

だってそうでしょう。2018年の苦悩(迷走ではないことを信じている)は大津祐樹とともに記憶されそうな気もするが、紅白戦におけるフリーマンのような勝手気儘な動きをされては、美しき清き連動サッカーが完成するはずもない。

だのに、背番号9を与えてしまったからには活躍してもらわなければ困るという特別な事情があるのか、インサイドハーフで左に吸い寄せられた後は、1トップで使われて、そんなに左サイドが好きならと、ついにガンバ戦では左で使われた。正直に言って、貢献していない。喜田拓也も、素人でもアンカーで使いそうなところでなぜか扇原貴宏をアンカーで起用し続け、喜田は2列目。1列目〜3列目までの6選手は、毎試合違う組み合わせだった。神聖なる公式戦の舞台を使って、実験を続けているのである。そのことが、いいか悪いかではない。

上述のシティでもそうだったように、浸透に時間がかかるのは間違いない。だからこそ確かな後ろ盾、クラブとしての支持・サポートがない限りは、クビが怖くてとても挑めるようなサッカーではない。柏や浦和の監督が解任されるのに、G大阪や鹿島、そしてマリノスでは解任されないのは我慢強いとか、解任した場合の給料をケチっているとかそういうことではないのだ。1日でも早い習熟を図るべく、実験を優先させた。それだけのこと。

もう見限られてもおかしくない選手もいたはずだが、幸いなことに中断期間がある。戦術理解度が低い(と思われる)選手にも、追試の機会が与えられるわけだ。チーム内における本当のレギュラー争いはこれからなのかもしれない。

 

また監督の試合後のコメントに、苛立ちを隠せないファンたちがいる。テンプレートのように、「概ねゲームをコントロールできたのよかった。チャンスも作っていた。でも決めきれなかったのが残念だ。結果が出ていないが、着実に良くなっている」というコメントが出されるからだ。気持ちはわかるが、そのコメントで批判するのはまちがっていると、私は思う。

優れた監督が、なぜチームの問題点を正直に言う必要があるだろうか。今のチームの戦術浸透度は65%です。先週より4%進捗しました、とか言うか。ダメだからこそ褒めるというのも常套手段であるし、うまくいったからこそ油断させないために雷を落とす手もある。手の内を明かす必要なんて全くない。しかも冷静になれば、名古屋、G大阪の2試合は彼の言う通り、内容としてはよかったのだと私は思う。まあ、だからこそ勝ち点1という結果そのものが大いにフラストレーションになるのは事実だけれども。

 

実験の果てに、J2に降格してしまうようなことがあったら目も当てられない。また実験中に最大の結果を出すには、個々の選手が少しずつ足りないのも事実だ。だからこそ固定もできず、実験が長引く。

 

強くて痛快なマリノスサッカーを求めている。だったら、やはりサポートだ。

よくまあ短期間で、ここまで持ってきた。だからこそ、ここで頓挫させるわけにはいかない。日本代表の同じ轍を踏むことはしないのだ。どんな時でも俺たちがそばにいる、という言葉は決して上っ面などではない。

喜田拓也、復活弾。これが目指している得点【J1第13節・名古屋戦】

大津祐樹が最前線で身体を張って、残したボール。いつもそこにいる山中亮輔が緩めのボールを櫛引とホーシャの間に送る。二人の距離感が微妙に甘かった。そこに喜田拓也が入り込む。すり抜けるように、身体を投げ出して飛び込む。上背は関係ない。この先の決定機で度々能力の高さを見せつけた豪州の守護神・ランゲラックに何もさせない先制点。

1トップがはたいて、サイドバックがクロスを上げて、アンカーがフィニッシュ。マリノスがやりたいようにゲームをコントロールできたことを示す先制点だった。単に喜田が決めたこと以上にこの形は称えられるべきだ。

流麗なパス回しは些細なトラップの巧拙や、ショートパスの長短で損なわれる。マリノスのパス回しがうまく行っているときのリズムを見てほしい。言うならば、3拍子のワルツである。だから小気味いいのである。ちょっとしたミスが出始めると、メヌエットになる。もうちょっとゆったりしたリズムなので、相手も合わせやすく、壊されやすい。ワルツであり続けるための消耗は確かに激しい。消耗するとミスが増える。この夜のプレーの精度という点では、天野純にも、大津にも、遠藤渓太にも、仲川輝人にも物足りなさがあった。崩す割には、フィニッシュまで辿り着かない。それは自分たちのミスによって放棄してしまっていた部分もある。

後半にマリノスの疲れが出た。そのことによって、名古屋の選手たちが行けるぞと考え、向こうの攻勢が強まることとなった。けれどもオフサイドでゴールが取り消されたあたりまでは怖くなかった。マリノスが最後に跳ね返す力を持っていたし、交代によって流れを変えられると思ったからだ。だが、アンジェ ポステコグルー監督は動かなかった。何名かに疲労困憊の色が見えているのに一人も変えなかった。

結果論である。結局、交代の決断を下したのと、実際にウーゴ ヴィエイラとオリヴィエ ブマルがピッチに登場するのとの間に、同点ゴールを決められてしまった。192センチのジョーに競り負けた松原健を責めることは簡単だが、何度も見ただろう。両サイドバックが相手エースを捕まえ切れずに、ゴールネットを揺らされてしまうシーンを。

2点目を取れていれば、こうなっていなかった可能性は高い。
最後の最後、大津はトラップがデカくなってシュートコースを失い、ブマルの左上を狙ったシュートはランゲラックに読まれ、ウーゴがシュートを狙ったフェイントからかましたループも見透かされていた。どれか決められたはずなのは間違い無いのだが、やはりもっと早い時間に2−0に出来ていたはずなのだ。そちらのほうが問題だ。鹿島戦の時はフリーキックだったとは言え、短い時間のうちに2点目が取れた。それが大きい。
まあ、それもテンプレのように毎節、同じことを言っているだけなのが少し虚しい。


さて5連戦が終わった。再びルヴァン杯が週中に挟まるため、これでまた先発メンバーの入れ替えが起こる。控え組にとっては残り少ない実戦の機会となる。ルヴァンの仙台遠征を経れば、あとはホーム3連戦であっという間に中断期間だ。

苦しくて、そして苦しい連戦の終わりが見えてきた。大きな修正はないかもしれないが、中断期間にはこの戦いにフィットする選手と、そうでない選手の奮い分けも進むだろう。

荒行のような結果の中にも、明日への光明はある。そう信じて。

猫の目スタメンの最適解【J1第13節・名古屋戦 展望】

もう誰がレギュラーなのかよく分からなくなってきた。フル出場を続けるのは飯倉大樹、中澤佑二、山中亮輔の3名だけだ。

鹿島戦は結果が出たではないか、あの組み合わせが最適解と考えるファン、サポーター。でもボスは、ポゼッションも下回っていたし、たまたま結果が勝利だっただけと納得していない。だから、最適解を求めて今節も修正を試みる。そんなところか。

中盤トライアングルに喜田拓也が帰ってくるのは朗報。正三角形か、逆三角形なのか、どのポジションに誰がつくかの予想は大きな意味はないと思っている。試合中に常にその位置と距離感で動くわけではないのだから。いずれにしても、喜田、天野純と扇原貴宏による3名が前節の汚名を雪ぐことができるか。これに尽きる。

1トップに大津祐樹というのは驚かされた。3試合ぶりのスタメン復帰に驚きはないが、1トップがウーゴ ヴィエイラでも伊藤翔でもなく、大津とは。大津が天衣無縫、自由奔放なのはなんとなく周知の事実になりつつある。そうかインサイドハーフ、ウイングではその自由気ままさが活きないという判断か。
柏で大津が1トップで結果を出したという話は聞いたことがないのだが、逆に言えばアンジェ ポステコグルー監督の志向するサッカーに合うかどうか、もっと言えばどこで使って貰えばいいのか、大津も正念場なのかもしれない。

大津とて結果が欲しいだろうが、「それ」だけでは多分足りない。コンセプトに忠実かどうか。大津のプレーに唸ったのは、個人的には去年の天皇杯準決勝が最後だ。つまり対戦相手としてである。あの日の大津は積極的で良かったなぁ、遠い目。

さて、革命ダービーと書いた。対策をされると脆いマリノスからすると、互いに自分のやり方を貫く名古屋ともまた違った意味でやりづらい。ノーガードの撃ち合いをさらに上回って玉砕特攻の繰り返しになる可能性すらある。湘南戦を上回るゴール集は、こどもの日にふさわしいとか真顔で言ったら正気を疑われるだろう。
磐田戦のような緩さでは、ガブリエル シャビエルやジョーら、個人能力で優れる相手の餌食になる公算は高い。仕留める力だけで言えば、あちらに分がある。さらに怪我で長期戦列を離れていた新井一耀の復帰が見込まれている。マリノス戦に照準を合わせてリハビリするのが何かメソッドに盛り込まれているのか。昨夏の短い期間だったが、ザルとか自動ドアとか揶揄された名古屋の守備陣を立て直したのは新井の存在感だった。これを打ち破るには、前線でのコンビネーションだ。

一方で頭部を痛めた飯倉と、過労の山中は大丈夫なのか。過密日程はまだ続くが、一先ずリーグ戦の連戦はこれでおしまいだ。なんとか怪我なく今日の一戦を乗り切ってほしい。

連敗が止まったとはいえ、最下位に喘ぐ名古屋との試合はきっちり結果も出さないと、周りはさらに騒々しくなるだろう。黙らせるには、結果だ。こちらの改革を先に成就させたい。