マリノスにシャーレを2019

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

決して誰でも決められるゴールじゃあない、フフン【YBC第3節・長崎戦△2-2】

さぞや寒かったでしょう。試合内容?気温?

現地で見られなかったことを悔やむ試合は数多くあれど、さすがにあまりの寒さと冷たい雨はモニター越しにも伝わってきました。いや、その言葉自体が嘘くさいね。現地にいなかったことをホッとする自分がいたのは確かですよ。えー、そりゃもう。

 

でもね、すでに所々で話題になってますけど、スカパーの中継も酷かったんです。冷たかったんです。清水ネガ秀彦氏、本当にその昔マリノスの指揮を取っていたのかと疑いの気持ちでいっぱいです。

プロ1年目、もう眩いばかりの18歳・山谷侑士の未来にはただひたすら希望しかありません。若さとは儚い宝であり、18歳にしてプロのピッチに先発で立つことはあまりに尊い。世界的に10代の選手が活躍しようが、久保建英が15の夜にプロデビューしようが、盗んだバイクで走り出そうが、18歳は今しかないルーキーイヤー。C契約からまもなくA契約になればプロ選手と呼べるほど、年俸だって一気に倍増します。そのための90分?いや待て、カネじゃないけど、18歳の時にアナタ何してましたって話ですよ。

 

平均的な日本國庶民ならば、大学行くか、専門行くか、予備校行くかでしょう。親の脛は細る一方で、無罪モラトリアム。ええ、無罪です。少年法に守られてますから。

そこを、この18歳は、サッカー少年が誰もが憧れるJリーガー。日本一になったマリノスユースであっても、即プロになれたのは山谷含めてたったの2人。お金も稼げば、家族や友人が多数雨の三ツ沢に駆けつけちゃいますよね。

 

その時は突然来た。ポストを叩く湿った音とともに。素晴らしいカラダノムキで一歩抜け出した遠藤渓太が倒されて得たフリーキックを、この日誰よりも暑苦しく、モスクワの寒さはこんなんじゃねえぜと言わんばかりに駆け抜けたイッペイシノヅカが蹴ります。速くて低くて、濡れたピッチを叩いてさらにスピードを増したシュート。それがポストに跳ね返ったところに、選ばれし18歳が押し込んで、プロ初ゴール! 持ってるな侑士!

 

フジの山田と山谷すら判別できない実況も大概だったけれど、よく押し込んだとゴールを讃えるコメントを求めたところに表題の「まあ、誰でも決められた。フフン」発言ですよ。ンフフというと、王騎将軍を引用した、中澤キャプテンの昨年のコメントになってしまうので注意。

もうね、不快指数100点差し上げましょう。スカパーさんもなんか対策取らないと解約しちゃうよ。

 

同点に追いつかれると、時間帯が最悪だとマリノスをこき下ろし、さらに前半ATにイッペイが押し込んで勝ち越すと、いやーもったいない、フフンですよ。「長崎は所詮J2」発言もあり、フフンが必ず付いてきて。

解説者の本質が何かを考えた時に、素人たる視聴者が気づかないワンプレーの奥深さを伝え、次の展開を読み、両チームの指揮官や選手が何を企図してるかを解き明かす、そんな感じのはずです。

一方でネガ彦氏がやっているのは、バカにする、あげつらう、結果論でこき下ろす、アナウンサーまでもバカにするのオンパレードです。目的はなんなのでしょう。これで自分がスゴイと言いたいのだとしたら、思い違いも甚だしい。

 

繰り返しますが、山谷侑士はものすごい努力と運を積み重ねて、あの時「そこ」にいた。誰でも?んなわけねーだろと。

 

失点がもったいないで済むなら、誰も苦労はしません。

後半47分に、なぜ飯倉大樹は、よりにもよって栗原勇蔵に展開を求めてしまったのか。そしてなぜ勇蔵さんは3人に取り囲まれた大津祐樹に、ただ手近にいたというだけでパスをつけてしまったのか。ティーラトンはなぜリスク管理を怠り自陣左サイドをガラ空きにしていたのか。それをドゥシャンや飯倉は声で防げなかったのか。不可思議で、安い失点であり、超高額な授業料を代償として払ったのは確かです。しかもマリノスのサッカーはそれも織り込み済みだから、というエクスキューズの方がよほど安いと私は思います。

 

和田拓也と中川風希。2人が初めてトリコロールに袖を通してプレーをしました。良さと課題の両方を見せました。和田は、落ち着きを与え、戦術理解の速さを感じさせながら、失点に繋がるミスを。中川は、ターンの巧さや、細かいタッチに確かな技術を見せつけながら、フフンな決定機で力んでしまいました。

 

イッペイ頑張りましたよね。これまでは、V6エンジン、馬力最大!!なお出力はryだったのが、運動量だけでなく相手の嫌がるランニング、フリースペース、攻守の切り替えが備わってきたように感じます。やっぱり前の選手ですね。

山谷も如実にサイドにポジションが代わってからのほうがイキイキ。2人抜きの感触を忘れないでほしい。

 

内容的にも引き分けが痛恨なのは間違いないですが、でも勝ち点は5・5・3・2というロースコアな展開。16チーム中唯一の未勝利とか余計なことは言わんでよろしい。

 

ハイハイ、3連勝しましょ。マリノスには意地もあるし、剥がす力もあります。畠中出せばいいんでしょ。