マリノスにシャーレを2019

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

勝てなかった。でも勇敢だから負けもしなかった【J1第3節・川崎戦△2-2】

左サイドをえぐって天野純が相手に当てて作ったコーナーキックの機会、すでに目安のアディショナルタイム4分を超え、どう考えてもラストプレー。

高さでは枚数が足りないマリノス、それにCKがことごとく決定機にならずボールの質の低さを指摘されていた天野のキックは、屈強な川崎DFを越えて、扇原貴宏の眼前へ。大島の代役ながら豊富な運動量で喜田拓也のターンを阻んでいた田中碧を振りほどいて左端に押し込む。

 

その刹那、歓声にかき消されていましたが、主審飯田淳平の試合終了を告げるホイッスルも鳴っていました。敗色濃厚から一転、両チーム勝ち点1へ。マリノスは3試合負けなしとなり、川崎は3試合勝ちなし、3連続の引き分けを味わうことになりました。

 

ラストプレーでの劇的ゴール思わず優勝したかのような大騒ぎでしたが、待て。勝利のトリパラを開きかけてしまうほど、つまり勝ったと錯覚してしまうほど、地獄からの生還。ベンチにいた選手もピッチの中に入らんばかりの有様でした。

f:id:f-schale:20190312081646j:image

さて、喜ぶべきなのかどうか。ポステコグルー監督は、同点劇そのものよりも、川崎を相手にボール支配率、パス数などで上回り真っ向勝負を全うできたことを評価していたようでした。最後のコーナーキックは祈るようにピッチに背を向けていた姿が、またこのラストプレーの30秒前にはゴール前をがっちり固められていたために崩しようがなかったのか、チアゴ・マルチンスがやや無謀なロングボールを入れたことに怒っていた姿も目撃されています。

 

前半に大津祐樹の長すぎるかと思われた裏へのパスを仲川輝人だからこそ追いつき、無理やりクロスを通し、ニアでエジガルジュニオが潰れたところをファーにフリーのマルコスジュニオが待ち構えてドン!! 最もマリノスらしい崩しとフィニッシュが今日も再現できたことの方が、ボスには大事だったのではないでしょうか。

 

川崎の田中が素晴らしかったです。あのレベルが、大島と中村がいると三番手。層が厚い。山村はまだベンチ外ですし。長谷川の推進力は何度も脅威となりましたね。彼がいると、例の彼の出番が限られるのも納得です。さらに中国帰りでいつもよりは多分下であったろう家長にはティーラトンが対峙しましたが予想よりもさらに分が悪かったです。

高野遼の長期離脱を知る前の我々は、ブンちゃんの対人守備の衝撃をまだ重くは受け止めていなかったかもしれません。山中もなかなかでしたが、スコーンと置いていかれる見た目の印象の悪さはブンちゃんの方が上かもしれません…。どこまで今後フィットしてくれるでしょうか。守備には多少目を瞑るしかないでしょう。

 

開始早々にミスから失点というのも、開幕3戦で早くも2回目ですから慣れたもの!というのはどうかと思いますが、1点くらいしゃあないよ、2点取ればいいんだろう、という良い意味での開き直りが今のマリノスにはあります。スタンドもポジティブですよね。相手からすれば不気味かもしれません。

ボスがそうさせたのか、選手、特に飯倉大樹と喜田の能動性なのかは分かりませんが、喜田へのボールにこだわった飯倉はやっぱ凄い。正直、私は観戦中の目先の心拍数を気にしてしまい、もう堪忍して…セーフティーに…と思ってしまうことも少なくないのですが、あとで見返すと、田中が寄せる前に喜田にボールが渡ると高確率でチャンスになってるんですよね。広瀬陸斗とブンちゃんが頑張って喜田のパスコースを作っているのも見逃せない貢献です。

もし今後飯倉がミスに凹んで、チャレンジする心を失ってしまったら、その時が真のピンチなのかもしれません。

 

互角とは言えません。ホームで川崎にどうにか引き分け。海外遠征帰りで運動量が落ちたことにも多分に助けられて。セカンドの回収で勝てない時間は絶望な気持ちになったのも確かです。

でも負けなかったのです。しかもキャプテン喜田が前を向き、キャプテン天野がパスがダメならと突破でセットプレーを得て。最後の最後に一番のボールを蹴り、そこに途中出場のキャプテン扇原。止められかけていたマリノスの勢いはこれで再び息を吹き返すでしょう。まるで3連勝したような気持ちで、次に行けます。

 

残念ながら川崎にもまだまだ伸びしろはありそうです。再戦は、最終盤の33節。その時に今度こそ倒せるように、今通用したものを磨き続けてほしいものです。

上位を争う資格は十分にあり、を証明してくれたマリノスが誇らしい。

 

あと、書き忘れた、危ない。畠中槙之輔はすごい!! 代表待ったなしじゃないすか、コレ。背番号44が表すようにボンバー2人分やるつもりでええんやで。