マリノスにシャーレを2019

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

ワンサイドは進化の証。【J1第2節・仙台戦○2-1】

仙台を相手に日産スタジアムで初勝利。あれだけ勝てなかった、勝てる気配すらなかった年月はなんだったのでしょう。
リーグ戦では近年稀に見るようなハーフコートゲームでした。2−1、なんで一点取られてしまったのか!と怒り出したくなるような、それくらい差がありました。

仙台はジャーメイン良を入れて、5-3-2を崩して不慣れな4バックに挑むラスト10分まで、打開できませんでした。失点を重ねるのが怖くて動けなかったのでしょうか。自陣のあまりにも深くに押し込まれたままでは、何も起こりません。渡邉晋監督は、奪った後のミスが多かった、預ける場所が探せなかったと言います。これこそ仙台の想定よりもさらにマリノスの攻守の切り替えが上回っていた証拠となります。ミスを起こしたのではなく、マリノスのプレッシャーが起こさせたと言い換えてもいい。預け先を見つける空間と時間を与えない。真綿で首を絞めるような強者のサッカーに一歩近づいたということでしょう。

前半5分、畠中槙之輔から天野純に縦パスが通り、5バックの裏を通したグラウンダーのクロスがゴール前を横切りました。なぜ、そこにとは言いません。約束事のように広瀬陸斗がペナ逆サイドで合わせます。これが、まさかの枠外。これ地味に痛かったし、結局はシュート数18-6なのに、スコアが2-1で落ち着いてしまった流れを作ってしまいました。決めるべきところ、しかも最高の崩しでの仕上げはしっかりやってほしい。

長沢の高さ対策にはチアゴ・マルチンス。上記のような戦況なので、両サイドバックはほぼずっと留守ですが、チアゴと畠中が本当によく裏をカバーしてくれます。速いし、焦らない。苦し紛れのロングボールでも収められてしまえば劣勢になりますが、最初に1,2回あっただけで後はほぼ完封でした。高さとスピードに高いレベルで対応できるCBが誇らしい。

逸機もあり、スコアは動かなかったのですが、マルコス・ジュニオールがスピードを生かし突破。エリア「外」で倒されたのだと思いますがPK判定で、これをエジガル・ジュニオが決めて先制。
さらに39分には三好→仲川へ、ワンタッチでゴールエリア内からクロスを送り、エジガルは合わせるだけで2点目。でもあそこにいることが始めからデザインされているから得点が生まれる典型ですよね。偶然ではないのがすごいところ。

冒頭にも書いたように、2得点はやや不満です。結局はPKを取られてしまい、2試合連続での1点差勝利となりました。そんなハラハラ最後にいらないから!

天野純は、61分で大津祐樹と途中交代。左足を傷めたそうですし、前半に警告をもらっていたのも影響したかもしれません。喜田拓也、三好康児と天野の3枚は仙台を混乱に陥れていました。

それに去年開幕以来、攻守に怖い喜田拓也が帰ってきた感じがします。強さと閃き、一歩目の速さ。いい時のキーボーは攻撃参加に現れます。
またエジガルやマルコスの守備貢献も気まぐれではなく素晴らしい。縦から見ているから、コースを切る守備の効果が見えます。決してサボらない。欲を言えばもう少しチャンスを大事に、確実に決めてほしいですね。

2年ぶりの開幕2連勝となりました。得失点差に注文をつけるくらいですから贅沢です。続いて3戦目にチャンピオンとぶつかるところまで2年前と同じ。三好を欠く中で、どのような起用になるかが注目。積み上げかけた自信を胸に、この次こそが大事です。

その前にサブ組中心と思われるルヴァンカップの開幕ゲーム。これも見逃せませんね。