マリノスにシャーレを 2021

横浜F・マリノスの話題を中心に、いちサポーター目線で愛を語ります。いちお3級審判、不定期で審判やルールネタも。サッカー少年2人の父。

もったいなき…

そりゃあ応援したいさ。

でもなんでこのタイミングなのだろうか。

試されてるな。そして下を向かないよな。

 

名古屋グランパス、大げさではなく、彼ら自身と今季のJ1の希望がかかっている。

 

ACLの延期による日程の組み替えで生まれた、名古屋ー川崎、川崎ー名古屋の2連戦の第2戦が、5/4の唯一のカードとして行われる。

 

勝点差は開いて6。名古屋が勝てば差は3に縮まり、まだまだこの後も優勝争いは続く。しかしもし川崎が勝てば、もう終戦に近い。シーズンを盛り上げようとは思っていない川崎は、一気に決めに来るだろう。

 

大差のついた初戦の原因

最多得点の川崎と、最少失点の名古屋という組み合わせは、注目を集めた。名古屋の堅守は、歴史的と言ってもいい12試合で3失点。リスクを排除し、人数をかけて固く閉じるその守りは、指揮官の母国で生まれたカテナチオそのものだ。

 

だが川崎のポゼッションと流動性は、閉じた殻を破壊するために作られたもの。ダミアンの質の高いポストプレーを潰さずに、あっという間に失点を喫すると、その後も家長や三笘をつかまえられずに瓦解し、25分までにシーズン通しての失点と同じ3失点で勝敗は決した。

 

衝撃の0-4、堅守は崩れた。カテナチオの主であるフィッカデンティ監督が体調不良で不在となったのも精神的には響いたことだろう。

 

頼みの守備を引き裂かれた名古屋の落胆は想像に難くない。

 

取り戻せ、最少失点の誇り

自信を取り戻す機会のないまま、第2戦を迎えるという理不尽。まるでホームアンドアウェイのカップ戦のようだ。

 

日程の巡り合わせを嘆いても仕方がない。そして、急に戦い方は変えられまい。本来の名古屋は、憎たらしいほど固い。崩そうとしても崩れないし、千載一遇のチャンスにもランゲラックが立ちはだかる。

 

前回もこの守護神に大きな瑕疵があったわけではない。自信を持って、丸山、中谷とともに守りからリズムを作る。

 

ただ…

カウンターを挑もうにも、最後尾には谷口とジェジエウがいる。彼らを質で凌駕できないものか。

 

その名は、マテウス

やはりこの人だろう。走力と突破力、フィニッシュまでの質の高さはリーグ屈指。前の試合でも、マテウスが迫った場面が最も可能性を感じさせた。

 

できるだけマテウスを相手陣内でプレーさせたい。マテウスと、それ以外の選手で役割分担をハッキリと。マリサポならずとも、マテウスの突破はワクワクするじゃないですか。

三笘では、ワクワクしません、ハイ。

あ、あと前田直輝もスタメンという予想が出ているみたい。

 

マリノスと両チーム

よそは関係ないとか、カッコつけてはいられない。名古屋に勝ってほしい。仮に川崎が上回ったとしても名古屋の厄介さは変わらない。平然とその後もクリーンシートを続けるのだろう。

強きを助け、弱きを挫く2位チームはただひたすら首位独走の足しにしかなりない。やめてくれ。

 

マリノスと川崎は12/4の最終節まで当たらない。残り1戦しかないということは、我々のよく知らないところで今年一度すでに戦ったのかもしれない。彼らが戦ったと主張するならばおそらくそうなのだろう。最終節まで今の順位かどうかは分からないが、ビッグマッチにしたいところだ。

 

名古屋とも6/19豊スタ、9/18ニッパツという日程なのでだいぶ先ではある。なので、この日の結果が直ちに参考になるわけではないが、この2チームとの直接対決で結果を残さなければ優勝はない。

 

もったいない

返す返すも、この試合が今日行われてしまうのはもったいない。フィッカデンティ監督はその後陽性反応が出たそうでこの日も不在となる。

 

マジで応援している。

やり返してくれ。

みんなでリーグを盛り上げよう。

強い気持ちで。

 

わざわざ記事をアップしてまで、名古屋を応援するのは後にも先にもこれだけかも。

 

15時キックオフ。横浜からも気持ちを送ろう。