マリノスにシャーレを 2021

横浜F・マリノスの話題を中心に、いちサポーター目線で愛を語ります。いちお3級審判、不定期で審判やルールネタも。サッカー少年2人の父。

横浜ダービー たたきのめす

史実は史実

確かに横浜のクラブ同士のダービーですが、この対戦はその一言では片付けられない、Jリーグにとって忘れてはいけない歴史を含んだ特別なダービーです。

 

の実況、下田さんのリードで始まった昨年の対戦。こう続く。

 

98年、ともに強豪だったフリューゲルスとマリノスのこの吸収合併があり、フリューゲルスの"F"はマリノスに吸収され。

 

それでもフリューゲルスのサポーターはその魂を守りたいと新しいクラブが立ち上がり、そしてできたのが横浜FCです。

 

本来歓迎すべきでない吸収合併という事情があって生まれたこのダービーマッチ。

 

横浜F・マリノスが掲げるオリジナル10のプライド。フリューゲルスの魂を継ぐ横浜FCの思い。そんなものが交錯する横浜ダービーです。

 

…フリューゲルスはマリノスに吸収された。フリューゲルスのサポーターが中心となってFCを作り、思いは受け継いだのかもしれないが別物だということをクラブとしても公式に表明していること。

 

史実を歪める解釈が定期的に出てくる。

 

年末のバスで

長年FCがJ2にいたせいで、両クラブが相見えるのは、何年かに一度の天皇杯くらいのものだった。FC主催のホームゲームに行ったのは、私は昨年の最終節のダービーが初めてだった。 J2時代に相手からを応援したこともなかった。だってなんか嫌なんだもの。

 

三ツ沢のアウェイ席の違和感だけは今も鮮明で試合内容は記憶に留めていない。よく覚えているのは、横浜駅西口から乗ったバス車内の違和感だ。これほど多くのFCサポーターが世の中に存在することを肉眼で見たことはなかった。さすがにこの日はFCのほうがサポーターが多い。バスの車内の割合も、そうなっていた。

f:id:f-schale:20210424105450j:image

 

なぜ横浜にいながら「あっち」を応援するのか

お互い様の感情なのだろうが、なぜ「あっち」を応援するのだろう。相容れない。

それくらい私にとって、FCを応援する人はテレビの中にいる人たちなのだが、それも一人や二人でない数が目の前にいる。

大阪なら北部と南部で分かれる。埼玉も大宮と浦和は別の街である。でもここは同じ丘を分け合っている。

俺たちが横浜、俺らだけが横浜。私はサポーターになって以来、そう教わってきた。

 

屈辱で止まった針を二度と止めるな

とまれ、あっちの人たちが喜ぶという屈辱を味わった。あれは、もう二度と嫌だ。

この先も同じチームを応援していれば、敗戦の瞬間は何度だって受け入れることになる。でも、あっちに負けるのはダメだ。それもよりによって2020年の最後の試合だった。ACLで優勢に試合を進めながらベスト16で敗退したため、ユースなど国内に残留したメンバーだけで戦ったわけではない。失意もあったし、帰国間もなくでコンディション不良もあっただろう。

でもそれは関係ない。あそこで針は止まっている。そして今日、叩きのめすことで針は動き出す。正直に言えば来年以降、交わらないでいいと思っている(個人の感想です)。ただ今年はもう一度、三ツ沢の丘での試合が待っている。

冗談じゃあない。何がリーグ戦の戦績は2勝2敗の五分だ? もう二度と、そんなことを言わせはしない。最後は2020年で終わり。対戦も2021年で終わりで構わない。

 

 

こちとら緊急事態

無観客試合を受け入れる方向が取りざたされている。政治判断に、合理的根拠は見当たらず、憤懣やるかたない。どうやら「みんなでガマンしよう」を美徳としたいようだ。ガマンするのはやぶさかではない。移動を止める、をお題目に人が集まる屋外のプロスポーツを無観客にする、この1年、観客席からクラスターが出たという話は聞かないのに。

聞き飽きた緊急事態宣言、その前のまん延防止で、大入りのはずの、スタンドがトリコロールに染まるはずの日産スタジアムは途中で新規のチケット販売を止めた。

 

次に、いつみんなで応援できるか分からない。それこそが緊急事態だが、チームもマルコス・ジュニオールや仲川輝人を怪我で欠く、緊急事態。あっちは開幕から低迷を続けて、あっちにすれば緊急事態だろう。平常運転、本来の姿と言ってやりたいという気持ちはぐっとこらえる。あっ、言っちゃったね。

 

 

最低夢スコア、そしてレオ・セアラに戦慄したい!

 今季まだ5得点はない。いや8-1という2007年のダービーでの記録を塗り替えるのもいい。スタンドであと●点!!と、無言で数えようではないか。

 

前半30分までに大勢を決めれば、後半はレオのお披露目、初ゴール、ゆりかごダンスまでがセットである。ゴリゴリ、ムキムキで高さもあるのはもう間違いない。もし、速さもあったら…踊るしかないだろう。

 

この試合がまた伝説となれば、FCの魂とやらも浮かばれることだろう。

たたきのめす。