マリノスにシャーレを 2021

横浜F・マリノスの話題を中心に、いちサポーター目線で愛を語ります。いちお3級審判、不定期で審判やルールネタも。サッカー少年2人の父。

スポーツビジネス

ウェルカム、トップパートナー!「DRAFT」ってどんな会社

7月1日から練習着に、7月3日のアウェイ柏レイソル戦から鎖骨スポンサーに決まったのが「DRAFT Inc.」さん。 新たにマリノスファミリーに加わってくれてありがとうの言葉しかない。 シーズン途中なのでファンはすでにユニフォームを購入した後だが、これから…

【いつから1万名?8月から?】衝撃…2021年の平均観客動員数

誰が悪いわけでもなく、すべてコロナが悪い。 なんで五輪は上限1万人なんだよ、JリーグやNPBには5千人、ときに無観客を要請しておきながら。そんな言葉も出そうになるが五輪を悪者にしても仕方ない。コロナ前の2019年J1の平均観客動員数は、史上初めて2万名…

新たなセカンドキャリアを示したい。銀座での小椋祥平の奮戦を取材した

5月最終日。午後休を取って銀座にあるサロンに向かった。 マリサポ界隈でも噂になっている「リラクゼーション」を体験するためだ。サロン、エステなどと聞くと女性のもののようで、中年男性としては気後れしてしまうと思うが、ここは今後マリノスサポーター…

今年50台、来年は100台。伝説を作るには ~キッチンカー革命・後編~

キッチンカー革命の道を突き進むCDA。横浜F・マリノスの新たな名物。 「列に入れよ我らの味方に! 食え!それが自由への道」という替え歌を歌えば、美味しいスタグルはゼロカロリーになるとか、ならないとか。 個人ブログとしては異例の反響をいただいたCDA…

量的優位に加えて質的優位へ…! 次なる一手 ~キッチンカー革命・中編~

CDA須谷CEOに聞く、インタビューシリーズ第2弾。 キッチンカー革命を巻き起こしたCDAの次なる一手を掘り下げていく。 ↓↓↓前編(第1弾)はこちらから読めます。まだの方はぜひ先に読んでください。たくさんの方から反響をいただきました。筆者が聞きたいこと…

なぜ日産スタジアムは「食」の天国となったのか ~キッチンカー革命・前編~

サポーターがスタジアムに集合する時間が明らかに早くなった。 現在は全席指定席のために、列を連ねて入場の順番待ちをする必要もないのに。 上限5千人という興行的には厳しい制限が続く中にもかかわらず、そうは思えないほどの活況なのはトリコロールランド…

マリサポが本気出してZOZOマリンスタジアムにお邪魔した話

大型連休の後半、平日の夕方。 私はZOZOマリンスタジアムにいた。 千葉ロッテマリーンズ対オリックスバファローズ、とんでもない良席で見せていただく機会をいただいたので記録に残したい。 ZOZOマリンスタジアム。あいにくの天気だったがなんと23区西部から…