マリノスにシャーレを 2024

横浜F・マリノスのスポンサーを目指して脱サラした頭のおかしい3級審判のブログです

ケヴィン・マスカットとは何者か(新監督就任の噂)

アンジェ・ポステコグルー監督の退任が正式発表されてから2週間、報道が出てからはすでに1か月が経とうとしている中で、ついに後任監督の名前が挙がった。オーストラリアのWebメディア「The Asian Games」は、オーストラリア人のケヴィン・マスカットが横浜F…

これぞ熱戦。新生マリノス、2位浮上【J1第19節○鳥栖戦2-0】

レベルの高い好ゲームが予想され、その通りになった。 鳥栖の組織力高い守備に手を焼くという予想は外れて、マリノスの選手たちはチャンスを量産していった。監督退任後にカップ戦で連敗したマリノスと、リーグで8試合負けなしを続ける鳥栖の一戦だ。ともに…

新たなセカンドキャリアを示したい。銀座での小椋祥平の奮戦を取材した

5月最終日。午後休を取って銀座にあるサロンに向かった。 マリサポ界隈でも噂になっている「リラクゼーション」を体験するためだ。サロン、エステなどと聞くと女性のもののようで、中年男性としては気後れしてしまうと思うが、ここは今後マリノスサポーター…

超速の男、宮市亮のプレースタイルとマリノスでの活躍をうらなう

すばらしい補強のニュースが入ってきた。 世界が認めたスピードスター、宮市亮が夏の移籍ウインドーで横浜に来る。www.chunichi.co.jp 宮市が名古屋出身だからか、ドラゴンズに強い中日スポーツの特ダネというのが面白い。渡欧10年、28歳になる。ステレオタ…

【2021年6月】マリノスすてきコンテンツまとめ・選択の参考に

まりびと復活! www.f-marinos.comあれ、あれ。でもトリコロール+ということは有料…?前は無料だったのに。 という流れに端を発した、コンテンツ溢れているし、乱立しているし、追えないよ問題。そうなの、高度な情報化社会の恩恵の裏側で、情報の洪水に飲…

オナイウ阿道はキルギス戦の先発濃厚か!

先のキリンチャレンジ・セルビア戦でA代表のデビューを飾ったオナイウ阿道の先発のチャンスが巡ってきそうだ。hochi.news 「ポスト大迫勇也」は、日本代表の課題の一つである。そこに名乗りをあげた阿道が、生き残りをかけた戦いに挑む。 W杯カタール大会、…

新しい船出は簡単じゃない【YLC PO第2戦●1-3札幌戦】

言い訳ではないが、たまには愚痴らせてほしい。 オナイウ阿道と前田大然のストライカー2名は揃って代表に招集中だ。レオ・セアラは週中の天皇杯で消耗したのかコンディションの問題で先発できない。 戦力が下がらないわけはない。 その天皇杯ではJFLのHonda…

ボスとの別れ 航海は続く

optaによると、アンジェ・ポステコグルー監督(ボス)が指揮したJ1リーグ戦は118試合。これはクラブ史上最多の数字だという。2018年にボスの父君が亡くなった際に一時帰国で1試合欠場したことがあったがそれは含んでカウントしているようだ。 戦績は58勝18分…

柳想鐵(ユサンチョル)さん、安らかに

早すぎる旅立ち。 2003〜2004年の連覇に大きく貢献した柳想鐵選手がすい臓がんの闘病の末に、ソウル市内の病院で亡くなった。49歳。 ステージⅣとの報道は出ていたが昨年の開幕戦、横浜FM対G大阪にあわせて日産スタジアムを訪れていた。 これが結果的に最後の…

またも劇弾 隠れ2位が隠しきれなくなってきた【J1第17節○2-1清水戦】

再三再四にわたって、クロスは跳ね返され続けた。清水の5枚の最終ラインは均等にボックス内を埋めたうえで、持ち場に来たボールを勤勉に外へかき出していく。セカンドボールはマリノスが拾う。また横からだ、それを辛抱強く、我慢比べなら望むところ言わんば…