マリノスにシャーレを2019

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

2点差勝利なら首位【J1第17節・FC東京戦前】

まだ激闘が続くコパアメリカで、一足早く帰国の途に就いたとはいえ、戦前予想よりは善戦した日本代表。その中で株を上げた選手を2名あげるなら、ウルグアイ戦2得点の三好康児と、もはや中心のようだった久保建英ではないでしょうか。タケフサはマドリードに旅立ちますが、三好は辛くも横浜に帰ってきました。世界に知れ渡ってしまい、そのまま欧州に行ってしまうのでは、ない話ではないと笑い半分ながら別れを予感していたサポも少なくないはず。

 

エクアドル戦、タケフサのゴールが認められていたら、まだ二人は彼の地ブラジルで戦いを続けていたわけです。マリノスと瓦斯という、これから銀河系に挑む18歳を育てた両クラブの対戦での壮行セレモニーは成立し得ませんでした。

タケフサひとりの影響とまでは言いませんが、彼が代表に抜けた6月、瓦斯には試練の1ヶ月となりました。ある人は、瓦斯名物の息切れだと言い、ある人は長谷川健太特有の失速だと言います。ご存知の通り、瓦斯にはラグビーW杯の影響で、シーズン後半にアウェイ8連戦という阪神タイガースも真っ青の死のロードが待ち受けています。前半のリーグ戦で派手に独走したチームを、折り返し地点で捉えるという展開はマリノスにとって悪い話であるはずがありません。鹿島がACLに残っていますので、マリノスと川崎が鍔迫り合いをするのではと、気の早い予想もあるようです。

 

太田宏介が来ないとか、高くてとれないとか、名古屋がかっさらうとか、歳も歳だろとか、言いたい放題でしたが、マリノスが白羽の矢を立てたのは水戸の躍進を支えてきた、ド級イケメンCB伊藤槙人の名前が紙上を賑わす6月最終週です。上り調子で、勢いがあるのはマリノスの方、だけど蘇る昨年の味スタの惨敗劇…。ゲホンゲホン。

 

こちら出場停止だったマルコス・ジュニオールが2週間ぶりに合コン(笑)戦線に復帰。清水戦の悪夢をチームとしては払拭したわけですが、マルコス本人としては復帰戦に期するものがあるはずです。

「我慢比べ」に仙台が勝った印象が強い前節、島尾待てこと、シマオ・マテのディエゴ・オリヴェィラ封じは見事でした。なんて勤勉なんでしょう。スピード狂の永井謙佑との2トップを上手く活かすには、当然のように両サイドバックの裏を狙ってくるのでしょう。それに加えて、前節にナサンホから矢島に代えて、トップ下のように置いてからのシステムの方がマリノスとしては守りにくいかも。チアゴ・マルチンスと畠中槙之輔が対応してももう一枚後ろにいるというのが嫌よね、と。でもナサンホもグイグイスピードありますから、シンプルに裏取りに来る選手がもう一枚と考えると、怖いっすね。

 

マリノスの攻撃について考えると、瓦斯も松本と同じく対人に強い守備パターンに分類できます。松本のようにひいては来ないですがマリノスの短いパス回しに混乱しない、あるいは少しのズレをすぐに狙える強さがありますよね。前がかりになればなるほど、瓦斯のストロングは生きてきます。

 

すなわち追いかける展開になると、相性が悪い方に出やすいんですよね。それって去年の味スタでの大敗そのままじゃないかと。

 

天気も回復してきて、気温も程よい感じですから、アウェイとはいえマリノスは最初から飛ばしていきたいところでしょう。

 

THE DAY presented by WIND AND SEA【vol.09】 - YouTube

マリノスのロッカールームでの、エジガル・ジュニオやマルコスの的確で真面目なゲキ、今日も飛ぶのかな。泣きたくなるほどいい選手たち。

 

マルコスの「禊」ゴール、できれば2点差で首位浮上を狙います。「タケフサはヨコハマが育てた」試合後のセレモニーも気持ちよく観たいですね。