銀皿航海 蹴球7日制

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

ロースコア予想の一戦 勝負は一瞬で決まる【J1第24節・FC東京戦 展望】

前節の神戸戦。
惜しい。あと一歩。タイミングよく飛び出した富樫敬真の差し出した右足の先にボールが当たってい「たら」。マルティノスが右サイドをえぐった後、ウーゴ ヴィエイラへのパスがほんの少し足元に近けれ「れば」。

タラレバはいくつかあった。スコアレスドローは、そのいずれもが実現しなかったからの結果だ。ちょっと皆、欲が出てきた時期だけに中位以下との引き分けにちょっと苛立ちが募ってしまっただけだ。

この苛立ちや、上位に離されたくないという焦りを振り払うには、ホームの試合できちっと勝ち切ることしかない。そのために必要な得点をあげられずにいると、焦りは蓄積するばかりだ。0点、取れても1点という試合が続くとメンタルがキツイものだ。

マリノスなら2点あれば勝てるのだ。その安心、安全な展開に持ちこむ意味では、マリノスと瓦斯の相性はいいとは言えない。勝ち負けの前に、とにかく点が入らないのがこのカードの特徴だ。味スタでの前回対戦は、スコアレスドロー寸前に天野純のゴラッソで辛くも勝利したのは記憶に新しい。

瓦斯には得点王経験者が3人もいて、タレント性という意味では脅威のメンバーが揃う。守備が緩い、とは思わないがどこかチグハグで、運動量が落ちる時間が必ずある印象だ。瓦斯のガス欠は誠に笑えない。

その、なんかうまくいってない相手に付き合わされたくない。それこそ、勝ち点3を取り損ねる可能性が高そうな塩展開となってしまうだろう。

前回同様に、勝負は一瞬で決まるだろう。夏の瓦斯戦と言えば、富樫敬真の一撃に期待したい。

ゴール裏には石川直宏の引退に向けたお疲れ様の横断幕。追浜の流れをくむ天野純の覚醒を予感させるコメントには期待が膨らむ。マリノスの育成の星であった、石川ナオの系譜に連なるという意味では、齋藤学や喜田拓也も同じ。石川はベンチ入りもしていないが、マリノスの歴史を見せる戦いでもある。小学生組織もなく、J2上がりの育成組織とは歴史も格も違うのだ。バルセロナの至宝も早々にスペインに返せばよろしい。

話がまた逸れた。

とにかくホームでの勝ち点3は必須。マリノス産の選手たちに加えて、外国籍選手、あるいは扇原、山中、松原と欠かせない選手たちが織り成す2017年のマリノス。

真夏から秋へと、優勝争いに堂々と加わっていこうではないか。