銀皿航海 蹴球7日制

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

仲川が先発じゃないとしたら納得いかない【YBC第2節・神戸戦 展望】

ニウトン、嫌だなぁ。セントラルMFであり、文字通り神戸の中心。決して大袈裟ではなく、昨年に彼が加入してから神戸は強くなった。ネルシーニョの申し子的存在のニウトンも含めて、あちらはリーグ戦から大きく選手を入れ替えることはしないそうだ。
リーグ戦首位の中心メンバーたちが相手なら不足はないだろう。

____伊藤____
遠藤__吉尾__前田
__中島__扇原__
高野_パク_栗原_新井
____杉本____
という布陣が予想されている。吉尾海夏の初スタメンが話題になるだろうし、杉本大地は前節に金鳥でのマリノスデビューだったので、今度は本拠地での初プレーとなるだろう。
また好調が伝えられる遠藤渓太は、先週の磐田戦で熱望していた中村俊輔との対戦が叶いさらにモチベーションが上がっているようだ。自身のU-20W杯メンバー入りもかかる大切な時期に、狙うは当然公式戦での初ゴールだ。

【横浜M】神戸戦へ指揮官熱弁「学のプレーからヒントを」若き才能に期待 : スポーツ報知

報知の記事から、エリク・モンバエルツ監督の期待の高さが伝わってくる。明確な結果で応えたい。

 

今日出場が予想されるメンバーの大半は、緒戦のC大阪戦に出場した。結果は0-2で、内容もよかったとは言い難い。その中で一人気を吐いたのは、仲川輝人だった。

仲川輝人はもがいていた。この日、右サイドハーフで先発し、ドリブルでの仕掛け、一瞬のスピードでの裏を狙う、守備も真面目に頻繁に。本来自分がいるべきリーグのピッチに立つために今日何をすべきか。自分ができる選手だということを証明したい。飢餓感が表れていた」

と、金鳥での観戦記の文頭に私は書き残している。

不調のチームにあって、最も良かったと呼ぶべき選手にもかかわらず、なぜ今晩の試合では控えなのだろうか。もちろん遠藤や吉尾に非があるわけではないが、仲川がベンチなのは私には納得がいかない。彼には相応のチャンスが与えられるべきではないだろうか。ようやく磐田戦ではリーグ戦でのベンチ入りをつかんだというのに。

ただ、控えであっても、途中出場ならば仲川のスピードはより生きる。前向きに捉えれば、途中出場で結果を出すことは、リーグ戦でも途中出場の機会を得やすくなるはずだ。今日は本気で仲川に期待したい。

加えて、山中亮輔も怪我が癒えて、初のベンチ入り。どんなプレーを見せてくれるか、楽しみは尽きない。

 

C大阪戦の敗戦はショックだったものの、他会場が引き分けだったのは幸い。今後の戦い方次第で、去年のように勝ち上がることができる。それはチーム力の底上げに間違いなく繋がる、「これから強くなるチーム」(齋藤学)には必要なことだ。

相手にとって不足はない。リーグ戦首位だろうとも、この試合に照準を合わせてきた強みはある。

さあ、戦おう。