読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀皿航海 蹴球7日制

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

新年度も宜しくお願いします〜スタメン抜擢の所信表明〜

ブログとは、不思議な習慣だと思う。

世の中に存在する99%は無料のサービスで、個人発信の言いたいことを言いまくる日記となっている。

なかには、超優秀なハウツーのサイトもあり、まとめサイトもあり、お金を払う価値のあるものもある。あるいは政治家や有名人のように、自分の活動を発信することによって自分の知名度や価値を高めるためのツールと化しているものもある。これはプロとしての使い方である。

一方で好きなサッカーチームが勝った負けた、家族で観に行って楽しかったという類の本ブログのような存在は自己満足由来のものである。こうしたブログは書く方も読む方も無料で自己責任で、それなりの質であるから、毎日日本のどこかで夥しい数のブログが生まれ、そして消えて行っているだろう。

 

だから、あなたのブログは好きだよ、読んでるよ、応援してるよ、などと言われるだけで、書いてる方はご飯三杯はイケるのである。最近も海豚サポの人が書き込んでくれたが、他サポだろうがなんだろうが、面白いねと言われれば、ではまた頑張ろうとなるのが人の常である。

 

本ブログは今年始まったばかりのまだまだヒヨッコである。にもかかわらず、マリノスブログ界のスタメンに名を連ねる誉れを受けた。

【毎年】横浜、チーム統括本部長にnari氏就任【恒例】 - narilog

fmbhを知らない方は、ここの訪問者にはいないのではと思うが、マリノスの関連情報ばかりを集めた、最新動向と愛情と人間模様のポータルである。そこにはいくつものマリノス関連ブログが登録されておりしのぎを削っている。いや、何を削るというのか。

それはともかく管理人さんであるnari氏が、年に一度、このようにマリノスの監督や統括本部長になりきって、各ブログの特徴を紹介しつつ、主力ブログを「スタメン」として紹介し、おまえら今年も頑張れよと激励するエイプリルフール企画がある。

私がその昔「中村俊輔がシャーレを掲げる」というブログを狂ったように更新していた時期があり、それなりにこの筋で有名になった。そのため毎年のように、この企画でスタメンに選ばれ、背番号10を与えられてきた。ブログ界中村俊輔を任せて頂いて、燃えないはずがない。監督の期待に応えてきた自負はある。

 

時は過ぎ、シャーレブログはその役目を終え、この新しい銀皿ブログが始まった。過去の実績は関係ない。また新人選手としてのスタートだ。とは言うものの、nari統括本部長は、このブログの指南役でもある。日頃からご指導を頂いている謝意をこの場を借りてお伝えしたい。

そういう関係があることとは無関係と思うが、とにかく選んで頂いた。

 

ポジションはトップ下、背番号は33。

そう、東欧の貴公子、ダビド・バブンスキーをなぞらえた存在である。

私は背番号10が好きなわけではないが、トップ下というポジションには誇りと愛情があるということを客観的に知らされる、個人的には良いフォーメーションだと思う。まだ私の今年のユニフォームには、背番号が無いままではあるが、そろそろ入れようかな、入れるなら33かなぁと考えていたところだけに、恐ろしいまでの洞察力である。よし、やはり33にしよう。バブンスキーにしよう。

 

誰でも、ブログを書くことも、読むこともできる。 でも続けるのは、習慣にするのは一つの壁があると思う。このブログつながりで、スタジアムの顔見知りも本当に増えた。そのうえで、多くの読者の皆さんはもちろんなこと、お世話になっているnariさんにも更新頑張れよ、次の記事を期待してるよと言われているようなのはとても嬉しいこと。

 

これからもマイペースで、ポジティブな更新を続けていきます。

うちの新戦力、10ヶ月の次男、通称バブンスキーも、今日も元気に「バブバブ」言っております。この度はありがとうございます。