マリノスにシャーレを2019

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

Jリーグ

6年ぶりの大銀ドで小気味好く【J1第4節・大分戦 展望】

ネーミングライツの功罪。その前が長ければ長いほど、親しまれていればいるほどに、新しくライツを買った企業には不利極まりない。ビッグスワンは未だに私の中では東北電力だし、ベアスタはベアスタなのです。でもアイスタがその前なんだったかは今はもう思…

風間宏希だと読み間違えた人のブログはこちら。でも畠中槙之輔は書けます

ようこそ、そして、ごめんなさい、中川風希選手。FC琉球でトップ下として君臨、開幕3連勝で首位に立つチームの立役者と言っていいでしょう。 手っ取り早く、大宮対琉球のハイライト見てください。はい、流し込んでくださいませというチームメイトに優しく、…

勝てなかった。でも勇敢だから負けもしなかった【J1第3節・川崎戦△2-2】

左サイドをえぐって天野純が相手に当てて作ったコーナーキックの機会、すでに目安のアディショナルタイム4分を超え、どう考えてもラストプレー。 高さでは枚数が足りないマリノス、それにCKがことごとく決定機にならずボールの質の低さを指摘されていた天野…

本物か、マグレか。勢いを決定づけろ。【J1第3節・川崎戦 展望】

開幕2連勝、新戦力が活躍、その上で3戦目に前年王者と対戦。ここまでの流れが2017年シーズンの流れと酷似していると言われます。 開幕戦が逆転の3-2というところも同じ。そして連勝を支えた中心人物が欠場というのも同じ。当時は10番の人が怪我で、今年は41…

格が違う三好康児。自然現象か、依存症か【YBC第1節・札幌戦△1-1】

前回ファイナリストとして登場するマリノス。ルヴァン戴冠までのあと一歩をどう踏み出すか。悔しさと成熟をぶつける新たな戦いは、ミシャ監督とともに躍進を遂げた札幌戦から。マリノスの方が伸びしろあるもんね。 さて、やはり過去のリーグ戦2試合と比べて…

人生はかかる。己の証明のため【YBC第1節・札幌戦 展望】

「カップ戦要員」とは、リーグ戦では試合出場の少ない、もしくはまっまくないメンバーのこと。リーグに比べてプライオリティの下がるカップ戦において、一つはリーグ戦に出場している主力選手の過密日程を避けるために、もう一つはその選手自身が試合勘を養…

ワンサイドは進化の証。【J1第2節・仙台戦○2-1】

仙台を相手に日産スタジアムで初勝利。あれだけ勝てなかった、勝てる気配すらなかった年月はなんだったのでしょう。 リーグ戦では近年稀に見るようなハーフコートゲームでした。2−1、なんで一点取られてしまったのか!と怒り出したくなるような、それくらい…

春、3月、ホーム開幕! 「苦手」に打ち勝てるか【第2節・仙台戦 展望】

春ですねぇ。 花粉舞い散る中に忘れた記憶と、君の声が戻ってくる。 日産スタジアムの歓声がもうすぐ。サクラではなく花粉が舞い散っているのが、眼と呼吸器にはだいぶ優しくないですが、2月の吹田と3月の横浜では気持ちが違います。それがホーム。開幕戦と…

DAZNの審判検証番組がなかなかぶっちゃけてる

捨てる審判あれば、拾う審判ありと言うべきでしょうか。試合中、試合直後からあれはオフサイドでは?と物議を醸していた、G大阪対横浜F・マリノスの開幕戦における前半3分の仲川輝人の同点ゴールのシーンですが、やはりオフサイドであり、ノーゴールであった…

実質5-0。あかん優勝してまう【第1節・G大阪戦】

開始38秒の失点! それよりも3プレーほど前の話。コイントスでG大阪が陣地を変えることを選んだので、すなわちマリノスボールのキックオフです。最終ラインのチアゴ・マルチンスと畠中槙之輔が、何度かパス交換し、出しどころを探しながら畠中が、新背番号8…

一週前から大阪で待っていたよ。開幕戦・前

開幕戦。どのチームも等しくスタート地点に立ち、期待に胸を膨らませる特別な日。総年俸41億円などと言われる神戸がC大阪に敗れる一戦で2019年のJ1が幕を開けたわけです。 金J、どちらかと言うと私は否定派なのです。金夜に仕事が入ったら行けませんし、アウ…

こんな張本レベルから脱却してほしい

なんだかなぁ。 https://t.co/mnYyAKbCx1誰も海外に行っただけで満足してる選手はいません。W杯で戦ったり、世界のほんまにすごい奴とやったり、憧れのリーグでやるために、皆んなどうなるかわからん挑戦をしてるんです。もちろん試合に出れる事が一番やけど…

背番号を空けておいたのに

今年初めて、アウェイユニフォームを選択しました。前々からアウェイユニに憧れはあって、特にホームとアウェイで着こなしを変えているサポーターの鑑のような人たちにいつかはなりたい、と。 しかしながら、我が家のお財布事情では、ホームのユニフォーム一…

5レーンが意外にも腑に落ちた話

小学生は8人制サッカー。基本的なフォーメーションは、3-3-1です。これ11人制に置き換えると4-4-2と同じだと言われています。11人制の3つのラインから1人ずつ間引いたのが、8人制のフォーメーションに相当するというのが定説らしいです。 元祖中村俊輔が40歳…

幕切れは突然に…

深夜、ツイッターで一方が流れる。やがて報知の最終面の画像が出回る。公式発表前にとやかく言うのは嫌だけれど。 中澤佑二、引退へ。 年末には決断をしていたと記事は伝えている。では、復帰戦であり最終戦だったあのC大阪戦のときはまだ…? もとから佑二は…

国際化からブラジル化。ドゥトラでも雇ったか、黒幕は?

少し前、まあ具体的には$さんが辣腕を振るっていたころはインテルナシオナルなマリノスが随分と話題になっていた。また国際化こそCFGの象徴みたいにもてはやされていた。 < 2017年> エリク・モンバエルツ フランス ウーゴ・ヴィエイラ ポルトガル クエン…

久保建英は覆われた殻を破れるか

サッカー選手としては日本で一番有名なティーンエイジャーであり続けた。FCバルセロナ育ち、将来を嘱望される存在ながら彼の力が及ばない事情で、回り道を選ばざるを得なくなったと言っていいだろう。帰国してJリーガーとしての道を歩み始めたことにより一層…

遠くのロシアより、近くのマリノス!

「日本代表」ってやっぱり凄い。話題をただ浪費するだけの浅い報道には4年ごとに辟易とするが、ベルギー戦の90分は夜中にテレビで見ているだけの我々でも特別な一戦だった。 ラウンド16とは言え、至高の舞台。かつて日本が到達した最高タイのレベル。W杯予選…

さあ7月

何年たってもメッシとロナウドを中心に回っているようだ。この二人のいるアルゼンチンとポルトガルの敗退は、予想の範囲内ではあったが、日本国内のテレビの視聴率という点では痛手のようだ。 ミスが多かったとはいえ、この大会の後に来日するイニエスタを推…

ひょっとするとこの中から10番が…

やはりルヴァン杯は愉しい。 特にグループリーグは、若手の成長の場というリーグ戦では入り込む隙間がないロマンが存在する。若手を1名以上使わなければならないという独特のレギュレーションは、以前のベストメンバー規定に比べれば開き直りを感じる。 そう…

完敗で16位!降格待ったなし!…とか言ってる人、そこに座りなさい【J1第2節・柏戦】

柏もC大阪も強かった。柏の方が最終ラインが固くて、撤退気味の戦いでもあれだけ固くできるのだから、やはりアジアを戦うチームは違うなと感じた試合。特に新戦力のパクとかいうセンターバック、出場停止の中山の代役だったはずだが、ウーゴ ヴィエイラを狙…

もう第2節、俺の開幕

マリノスのサッカーを客観的に見ることは難しい。それが思い入れと言うものだから。 他サポに、塩だの、マルティノス頼みだの、言われても悔しくないというか、的外れというかピンと来なかったものだ。 マリノスのサッカーの変化が各方面で取り沙汰されてい…

【あと2日】決勝戦の心構え

どうも、旧国立競技場での最後の王者、横浜F・マリノスです。 あの日、国立にいた私にとっては、マリノスのサポートを始めてから、初めてのタイトルマッチだった。結果は2-0の勝利。2004年のリーグタイトル以来、9年ぶりの戴冠だった。 最高の気分だった、と…

【あと4日】元日決勝という言葉だけで、ご飯三杯イケてしまう件

暦の上では年末年始。冬休みの子供を尻目にハードワークを続けるお父さんたちもそろそろ仕事納め。心なしか、通勤電車の混雑は緩和され、無理にでも仕事を納めたとしても、たった1週間足らずのシーズンオフで区切りの感はあまりにも薄い。この気持ちが分かる…

勢いと積み重ね、長崎おめでとう。田代おめでとう。

満員をさらに2千人上回る、ホームスタジアム、トラコス長崎の雰囲気は圧倒していた。 私は昔、新潟がJ1昇格を決めたその瞬間にピッチで仕事をしていたのだが、人数こそ違えど長崎史上最も熱い試合となったのは、現地で無くDAZNの画面であっても十分に伝わっ…

ナメてるのはどっち? 一番代表に近いのは?

「格下相手にあわや敗戦」「守備崩壊」という紋切型の報道に異議。格下か?マルティノスみたいなのがゴロゴロいるチームがか? 守備崩壊? それはもともと堅固な城があって、崩れ落ちるから崩壊という言葉を使う。今季、槙野やら遠藤やらは何失点に絡んでる…

逆転勝ちのロマンなど、俺たちはいらない

こないだ小1のパパ飲みで呆然とされたことがある。マリサポの読者諸兄なら共感してくれるだろう。川崎サポなら別の感想を持つかもしれない。 今週末、うちのシュンスケ(小1)が所属するクラブは、初めての公式戦を迎える。我らがクラブの位置付けは区内では強…

我々はとっくにヤツの怖さを知っていたもんね!

豪州にW杯予選で初めて勝利したスタメン、11名。GK1 川島 永嗣DF 3 昌子 源5 長友 佑都19 酒井 宏樹22 吉田 麻也MF 2 井手口 陽介16 山口 蛍17 長谷部 誠FW 14 乾 貴士15 大迫 勇也18 浅野 拓磨途中出場は原口元気、岡崎慎司、久保裕也の3名。Jリーグ所属選…

4級審判・シャーレさん、爆誕

4級審判を目指す、絶対に負けられない戦い。 コンタクトプレー映像を見て、警告なのか、退場なのか、はたまたノーファウルなのかを当てる問題集には小笠原、パトリックなどの派手な悪質ファウルが取り上げられていた。マリノスの映像は、このラフプレー集に…

4級審判講習会に行って、思いの外トリコロールだった

息子のサッカークラブの要請で、4級審判の講習会に行ってきた。今後、そうしたお父さん、お母さんで、ちょっとビビってる人の参考になれば幸い。 一言で言うと、子供達とJリーグへの愛が深まったいい機会だった! 世田谷区少年サッカー連盟主催の4級審判講習…