マリノスにシャーレを2019

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

展望

変わらずにいるためには変わり続けなければならない【J1第28節・磐田戦◯2-0】

ルキアンはただ者ではない。川又と山田が週中に負傷離脱する不運に見舞われた、後のない最下位磐田だが優れた個の外国人を獲るのは上手い。とは言っても、チアゴ・マルチンスの方が上手だったというメシウマには変わりはないのだが。 ルキアンはボールを収め…

松原健に、三ツ沢のご加護を!

諦めずに、腐らずに努力し続けることは難しい。人は競争の中で生きているし、評価の中で生きている。孤独に黙々と、継続することは、己との戦いであり、それに気づかないうちに敗れる人のなんと多いことか。それをある人は「モチベーション」と呼ぶ。こんな…

広島戦、6ポイントどころかデスマッチだぜ【J1第26節・広島戦 展望】

今年の広島がここまで強いとは意外だった。JFKと言えば失速、ガッツポーズの角度も徐々に浅くなり、秋の声が聞こえる頃には顔面蒼白の記者会見というのが風物詩にもなっていた。それが11試合負けなしで、4位。かたやマリノスは3位。生き残りをかけた6ポイン…

億千万の胸騒ぎ! チアゴ・マルチンス狂想曲

最初の交渉は多分こんな↑感じだった。 ブラジルの超名門・パルメイラスで定位置を確保できなかった、ただし身体能力の高さは折り紙つきのCB。今となれば可笑しくてチンケなプライドだが、伝統あるマリノスのCBを2枚共、ドゥシャンとともに外国籍選手に頼るの…

4か?22か? 畠中の背番号で一喜一憂できる贅沢

今夜(9/5・木)はキリンチャレンジ杯、パラグアイ戦である。日本代表は、この親善試合を経て、ミャンマーとのアウェイ戦を控えている。言わば真剣勝負の直前の、真剣な親善試合と言っていい。2試合「チャレンジ」が続くだけのキリンカップとはやや趣きが異…

進め方は嫌いになっても、ラグビーW杯そのものは嫌いになりたくない

三ツ沢、4連戦。ルヴァン杯は敗退してしまったけれど、残っていたらもっともっとニッパツのお世話になっていたことだろう。 3位と奮戦続く中での終盤戦。成績が好調ならば観客動員は伸びるのが一般的だし、何しろニッパツと日産スではキャパが違いすぎる。た…

残り10試合、何ポイント取るか

浦和が上海で、鹿島が広州恒大を相手に引き分けた。ともにホームでの第2選を残していて、揃って勝ち上がれば日本勢の準決勝直接対決だ。ACLも佳境、マリノスも6年ぶりにこの舞台に立ちたいものだ。当然、リーグチャンピオンとして、あわよくば新国立のこけら…

電撃加入でも「大津祐樹を止めないで」

ああ、髪は長かったけど、要するに純で、サッカーが好きで、良い奴なのだ。 8年前の夏、つまり松田直樹の訃報と同じタイミングに、大津祐樹は押しも押されもせぬ有望アタッカーとして海を渡る決断をしました。90年3月生まれの大津は当時21歳、ロンドン五輪予…

まだ定まらない「完成形」

清水戦の日、日産スタジアムで配られたAED啓発のチラシに、彼の姿がありました。 横断幕も松田直樹、選手入場時の「民衆の歌」イントロ映像も松田直樹スペシャル版でした。もう8年、記憶は少しずつ褪せていきます。 世界中に定められたどんな記念日なんかよ…

2点差勝利なら首位【J1第17節・FC東京戦前】

まだ激闘が続くコパアメリカで、一足早く帰国の途に就いたとはいえ、戦前予想よりは善戦した日本代表。その中で株を上げた選手を2名あげるなら、ウルグアイ戦2得点の三好康児と、もはや中心のようだった久保建英ではないでしょうか。タケフサはマドリードに…

最堅の5バック粉砕せよ【J1第10節・広島戦 展望】

堅い。堅い。面白いかどうかを置いておこうとしたいのですが、堅いチームが上にいるという大正義。 9節といえば、もう年間の4分の1は終わった計算。 ほんの2年前まで、マリノスの失点数の目安といえば、34、すなわち年間の試合数よりも多いか、少ないかとい…

ピノじゃないぜおっとっと。キダじゃないぜワダだぜ【YBC第3節・長崎戦 展望】

わだわだー、わだわだー。違うんだぜ。たった1文字違いだが、アンカー喜田拓也とはポジションも違えば、育ってきた環境が違うので、セロリが好きだったりする。いや、知らない。違うけれど、やり切るし、ハマの舵は取るかもしれない。和田拓也が今宵、マリノ…

組織で殴ってやれ【J1第6節・浦和戦 展望】

誰が呼んだか、俺たちの埼スタ。そりゃそうさ、リーグ戦では10勝4分3敗。浦和が強い時期でも関係ありません。だって埼スタだもの。2018年の間に二度も埼スタで開かれたファイナルで負けたけど、浦和に負けたわけじゃあない。とかくリーグ戦の埼スタはマリノ…

できっこないをやらなくちゃ【J1第5節・鳥栖戦】

えーと、現在姫路です。まさかの関西出張。でも帰りますよ。キックオフにはギリ間に合わなそう。ベースボールユニは家族だけ受け取りかなぁ、もらえると嬉しいですが。 チームとしては今年最初の金Jですが悲喜こもごも。有給の人、春休みの人はいいけれど、…

6年ぶりの大銀ドで小気味好く【J1第4節・大分戦 展望】

ネーミングライツの功罪。その前が長ければ長いほど、親しまれていればいるほどに、新しくライツを買った企業には不利極まりない。ビッグスワンは未だに私の中では東北電力だし、ベアスタはベアスタなのです。でもアイスタがその前なんだったかは今はもう思…

一番やり返さなきゃならない相手【YBC第2節・湘南戦 展望】

リーグで前年王者とのダービーマッチを引き分けて、中2日で、今度は前年のルヴァン杯王者とのダービーマッチがやってきます。去年、川崎を倒していたとしても、12位だったマリノスがリーグ優勝していたということはありませんが、あの日、10月27日の埼玉スタ…

本物か、マグレか。勢いを決定づけろ。【J1第3節・川崎戦 展望】

開幕2連勝、新戦力が活躍、その上で3戦目に前年王者と対戦。ここまでの流れが2017年シーズンの流れと酷似していると言われます。 開幕戦が逆転の3-2というところも同じ。そして連勝を支えた中心人物が欠場というのも同じ。当時は10番の人が怪我で、今年は41…

人生はかかる。己の証明のため【YBC第1節・札幌戦 展望】

「カップ戦要員」とは、リーグ戦では試合出場の少ない、もしくはまっまくないメンバーのこと。リーグに比べてプライオリティの下がるカップ戦において、一つはリーグ戦に出場している主力選手の過密日程を避けるために、もう一つはその選手自身が試合勘を養…

春、3月、ホーム開幕! 「苦手」に打ち勝てるか【第2節・仙台戦 展望】

春ですねぇ。 花粉舞い散る中に忘れた記憶と、君の声が戻ってくる。 日産スタジアムの歓声がもうすぐ。サクラではなく花粉が舞い散っているのが、眼と呼吸器にはだいぶ優しくないですが、2月の吹田と3月の横浜では気持ちが違います。それがホーム。開幕戦と…

YFM×MCI 戦を観るべき10の理由

いやー、驚きましたね。シティフットボール・ダービーとは呼ばないでしょうが、マリノスファン垂涎。待望。 日産スタジアムでのマンチェスターシティとの、スペシャルマッチ開催が発表されました。 嬉しくなってつい、どこよりも早く予想スタメンをあげちゃ…

一週前から大阪で待っていたよ。開幕戦・前

開幕戦。どのチームも等しくスタート地点に立ち、期待に胸を膨らませる特別な日。総年俸41億円などと言われる神戸がC大阪に敗れる一戦で2019年のJ1が幕を開けたわけです。 金J、どちらかと言うと私は否定派なのです。金夜に仕事が入ったら行けませんし、アウ…

背番号を空けておいたのに

今年初めて、アウェイユニフォームを選択しました。前々からアウェイユニに憧れはあって、特にホームとアウェイで着こなしを変えているサポーターの鑑のような人たちにいつかはなりたい、と。 しかしながら、我が家のお財布事情では、ホームのユニフォーム一…

国際化からブラジル化。ドゥトラでも雇ったか、黒幕は?

少し前、まあ具体的には$さんが辣腕を振るっていたころはインテルナシオナルなマリノスが随分と話題になっていた。また国際化こそCFGの象徴みたいにもてはやされていた。 < 2017年> エリク・モンバエルツ フランス ウーゴ・ヴィエイラ ポルトガル クエン…

誇らしくて、夜も眠れない【YBC決勝・湘南戦 展望】

ルヴァン杯、決勝へ。決勝進出したからこそ初めて知った前夜祭や、埼スタでの公式練習の存在。 18時過ぎからは、Jリーグによる前夜祭に、両チームの選手監督が参加。青島さんの独特のインタビューはともかくとして、松原健と杉岡の渋ーい対談に始まる番組構…

得意技は鹿狩り【YBC準決勝1・鹿島戦 展望】

遠藤渓太は不思議と、鹿島戦で輝く。 昨年、今年のリーグ戦でホームの日産スタジアムではマリノスが連勝しているが、いずれも決勝点のスコアラーは遠藤渓太である。昨年は2-2に追いつかれた後、曽ヶ端の逆をつき、昌子がクリアし損ねた泥臭い勝ち越しゴール…

首位を叩く準備万端【J1第19節・広島戦 展望】

台風による清水戦の順延が吉と出るだろうか。 アウェイの瓦斯戦から1週間以上も開くことになった。広島対策というか、パトリックとカウンター対策というか、時間を取ることができたのはいいことだろう。ディエゴ オリヴェイラに苦しめられた瓦斯戦の記憶が塗…

世間の注目を奪い返せ【J1第17節・FC東京戦 展望】

黙っていたって、イニエスタとトーレス。日本の出来の悪いワイドショーマスコミじゃなくっても、世界的にだって注目されるだろうさ。ノエスタとベアスタはそれぞれ、世界的スターのデビュー戦を追う。 ニュースの尺だって、「そこ」に重点的に使うだろう。川…

再開。もう言い訳はないはず【J1第16節・仙台戦 展望】

しばらく携帯電話のアプリと言えば、NHKと民放のワールドカップ再生のものしか使っていなかったので、DAZNを開くこと自体が久々だった。5-2の長崎戦の配信が終了してからすでに1ヶ月近くになろうとしている。長かった。 16節のプレビューを見ると、今回の代…

先発メンバーが読みづらいなと思ってたら

明日の天皇杯3回戦でついに再開。そうさ、クロアチアとベルギーの初優勝が成るかよりも、天皇杯の方が大切さ。 横浜F・マリノス対横浜FCに、奇策なのか、三浦知良の先発起用が濃厚と、スポニチが報じた。話題作りに走ったのか、主力を休ませるのか、それとも…

浮上への奥の手?【天皇杯2回戦・FC大阪戦】

アンジェ ポステコグルー監督の大胆起用。先の神戸戦では、大津祐樹が初ゴール(PK除いて)をあげたし、仲川輝人や山田康太など抜擢した選手の活躍はもはや周知の通り。 それにしてもだ。 ダビド バブンスキーが右サイドバックで先発予想とは本当に驚いた。開…