銀皿航海 蹴球7日制

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

激勝!鹿島を止めた誇らしき勝利【J1第30節・鹿島戦】

何から書けばいいのか分からない。すごい試合だった。とても勝てるような内容ではなかったというのが率直なところだが、勝った。もっと勝利が相応しいのに勝てなかった鹿島戦はいくつもあった気がする。でも勝ったのは、マリノスだ。執念のような、スタジアムの雰囲気のような、春先のジュビロ磐田戦の時以来の幸せな空間があった。こんな試合は狙ってできるものではない。

同点に追い付かれた後にマリノスは再び息を吹き返したようだった。鹿島のミスから生まれた2点のリードを守ろうという意識と、鹿島にもなんとか追いついて一気に畳み掛けて逆転と思ったら取り消されて。そこで膠着の流れになっていたのかもしれない。
隙をつくように山中亮輔が運ぶ。1人、2人とかわして、エリアの前までボールを進めた後に、顔の向きとはまったく異なる方向への浮き球のパスだ。斜めに走り込んできた遠藤渓太にディフェンスは気づいていたが、彼の俊敏性が一瞬勝る。そしてターン、今度こそはキーパー曽ヶ端の届かないコースへグラウンダーのシュート。直前に決定機のやや緩慢なシュートを防がれていたが、今度は曽ヶ端は触れない。そこに懸命に戻ってきた昌子の足に当たって、そのままゴールインだ。
「その時のオウンゴール」は試合後に、遠藤のプロ初となる日産スタジアムでのゴールに訂正された。熱狂のスタンドは、今度こその逃げ切りを期待する。

飯倉大樹の神がかりセーブが飛び出し、レオシルバの強烈かつゴール右上隅に飛んだボールをなんとかクロスバーの力も借りて弾き出す。
途中出場の扇原貴宏は、86分に初めて見せる高速ドリブルでスタンドを歓喜させた。少しでも時間をかけて、守備続きのリズムを変えたい場面で40mほどプレスをかいくぐって前進。いわゆるビッグゲインである。最後はファウルを貰ってさらに時計を進めることに成功した。今、自分が何をすればチームが助かるかを考え実践した素晴らしいプレーだった。

最高潮に達したのは栗原勇蔵を投入した時だった。柏戦ではこの策が実らずに、同点に追い付かれてしまったが、この「死に物狂いで守り切れ」というメッセージはチームとスタンドを一つにした。金崎の体当たり(危険なプレーで警告相当と思うが)を受けて、頭部を打ち鼻血を流しても、平然と立ち上がるザ・ファイター。

2失点に繋がったコーナーキックを、最後まで何度も浴びるが、曽ヶ端が参戦したラストのプレーまで緊張感を切らすことなく守りきった。

1点目は、こちらもCKからだった。最初のセットプレーで出会い頭の伊藤翔の今季初ゴール。2点目は天野純が最終ラインの植田のトラップミスを狙って奪い、そのまま1対1を制したもの。望外の2-0だったが、前半のATに隙をつかれて失点し、やがて後半に追い付かれる「あるある」な展開だった。
それにもかかわらず、鹿島に競り勝った。しかも主力の約半数を欠く布陣での話だ。

鹿島は、今季対戦したチームの中で抜群に強かった。上の話しと少し矛盾するが、総じて言えばやはりミスが少ない。個の力も強い。あのクオリティからすれば、飯倉が言ったように「10回やったら9回は負けるほどの実力差があった」とは、試合を見た多くの人が感じたことだろう。
なぜ勝てたのか。よく言う「気持ちで上回ったから」? 確かにそれもあるだろう。本当によく戦ってくれたと思う。中町公祐のこのチームの底力であり、チームでやってきて良かったという泣けるコメントにあるように、「翔や匠、ミロシュ、バブも含めて、今まで出てなかった選手には期するものがあったはず」ということも単なる戦力の低下ではなく良い方に出た。

よく言えば堅守速攻、悪く言えばマルティノスのスピード頼みな戦い方が貫かれていたのも勝因ではないだろうか。この大一番で出てきた遠藤が迷いなく駆け抜けることができたのも、これまでもこの戦いをずっと続けてきたからだ。付け焼き刃ではない。

 

前から激しく鹿島が来た分、背後には大きなスペースが広がっていた。苦しみながらも自陣から繋ぐ訓練を続けてきたから、鹿島のプレスにも屈さずに、ボールを保持することができた。

 

おお、この1年、もしくはエリク モンバエルツ監督が就任してから3年の積み上げとは、このゲームに凝縮されていたのかもしれない。

 

鹿島に勝つってこんなに誇らしいのか。優勝云々は勝ち点9差を考えると、大きな声では言えない。現実的にはこの3位を守ってなんとかACL死守。まだまだ厳しい戦いが続く。

この勝利で満たされることなく戦ってほしい。

 

大切なのは、ここからだ。

 

既視感ある引き分け劇【J1第29節・大宮戦】

ゴールを二桁に乗せたばかりのウーゴ ヴィエイラがこの日最初のチャンスで、相手DFと衝突し、膝を抑えて倒れ込んだ。

 

前半15分、一度は再びピッチに戻ったものの、自ら倒れこんでしまい富樫敬真との早すぎる交代。強行でプレーを続けようとして結局、交代というその様子はまるで甲府戦の時の齋藤学のようで、その姿からウーゴもまた長期の離脱となってしまうのか。

 

その前に、ウーゴを欠いたこの試合でマリノスは得点をどう取り、どう勝利するのか。

 

ウーゴの怪我と同様に、中町公祐が地を這うミドルシュートを放ったのは予想外だった。思い切って打ったからこその同点弾。その中町のゴールに反するかのように、ゴール前で落ち着きのないプレーが目立ってしまった。そして大宮の加藤は当たり出すと1対1にやけに強いのだ。

 

最も残念だったのは、後半アディショナルタイムの天野純が横パスを選択した場面だろう。リプレーで見ると、わずかだがトラップにもたついてその間に視界の外から来たDFにコースを切られていることが分かる。さらに、富樫に出したパスが走りこんできた彼の足元へのパスになり、ダイレクトに打つことができない。ミスパスと言っていいような質のものだった。

 

結局、最後に訪れた決定機はシュートを打たずに潰してしまうことになる。その前のダビド バブンスキーから天野に来たパスは正確だっただけになおさら天野の落ち着きのなさが目立つきっかけとなった。

 

だが切り札として投入されたマルティノスも、富樫も、ほとんどチャンスに絡めなかった前田直輝も同様だ。みんな少しずつ落ち着きと技術が足りない。もちろんウーゴがいたら、どうなっていたかなど誰も分からない。最初の決定機を決めきっていたらあの接触による怪我はなかったのかもしれないのだから。

 

とにかく、あと一本のシュートが決まらなくて、今季のホーム戦で何度目かの「勝てるはずだったドロー」で勝ち点を落とした。1試合あたり2の勝ち点を落としているから、もう10にはなるだろう。引き分けの数の差が、鹿島との差である。こうした引き分けに終わってしまいそうなゲームを勝たないと、チャンピオンを争うことはできない。書きたくはないが、0-2から川崎はひっくり返している。だから上位との差は開く。

 

アディショナルタイムに入ってから大宮に退場者が出たことも手伝って、8分あまりにも及んだ入りそうで入らない日産スタジアムのあの時間。全くもったいないが、ATになってから慌てても仕方がない。

 

サッカーは予想外のことばかりが起きるが、中にはイッペイ シノヅカの1対1での強さだったり、バブンスキーに春先のようなキレのあるステップが出てきたりと嬉しい予想外もあった。山中亮輔が素早くリスタートしようと、コーナーフラッグまで全力疾走し、そしてショートコーナーで再会する姿や、扇原貴宏が不在なら中町が左右にパスを散らしてくれていた。なんだか落ち着かないなかでもいいプレーは数多くあったのである。

 

 怪我人続出に加えて、マルティノスは2試合出場停止にリーチとなる7枚目の警告を受けた。

 

自らのせいで天王山とは呼べなくなってしまった鹿島戦だが、もちろん総力戦。

ラスト5試合、未来を手繰りよせよう。

 

 

若き風の時代【J1第29節・大宮戦 展望】

今年のマリノスを支えた新加入の選手たち、山中亮輔、松原健、杉本大地、ミロシュ デゲネク。生え抜きである喜田拓也や富樫敬真といった選手たち。この共通項はいわゆるリオ世代であること。現在、23〜24歳と、これからまさに中核という世代だが、もうじきに若手とは呼ばれなくなるそんなお年頃だ。

東京五輪の監督が森保一に正式に決まりポイチジャパンがスタート。早速、遠藤渓太や吉尾海夏の代表入りを狙うコメントが報知の紙面に載った。そう、時代はもう東京へと進む。

さらに、マリノスには来季なんと一気に5名の18歳が加わる。MF山田康太、MF堀研太、DF西山大雅のユース組に加えて、DF生駒仁(鹿児島城西)、FW町野修斗(履正社高)の5名だ。今年で契約の切れるはずの若手厨・エリク モンバエルツ監督の続投は既定路線なのだろう。育成に定評のある、実際に今のマリノスで世代交代を進めた監督の実績を評価して、一層指向にマッチした選手が揃ってくることになる。未来は大いに明るいかもしれない。

待て待て。そこまで一気に世代交代が進むものか。ちょうど間にいる彼らの出番が来そうだ。
右翼にイッペイ シノヅカと、左翼に前田 直輝。中東遠征から戻ったマルティノスの状態次第のようだが、少なくともどちらかの先発は確実だ。東京五輪世代およびそれら以下の若手の代表としては渓太の右サイドバック起用も見込まれている。

まぎれもなくチャンス。そして攻撃的な布陣であり、やや守備面で不安が残る。とくに齋藤学、マルティノス、松原が出ていた時と比べれば守備時の貢献という意味では、もう確かに不安だらけ。しかも、遠藤のトイメンには、大前元紀ではなくてマテウスが濃厚なのだそう。んー、こりゃあ。点の取り合いになる展開も予想できるか。

中断期間明けとなると、ふわっとした入りをしてしまうのがマリノスの昨今。そこも課題だが、臆病や慎重さはいらない。16位の大宮は、「戦い方は悪くないけど」でナンバーに記事が載っていたな。前節もホームで清水相手にスコアレス。悪いけれど、そのまま結果の出ない原因がなんとなく分からないままでいていただきたいところ。4バックが、攻撃時には3バックになるという変則的なシステムを試しているそうだが、さて急増のマリノス右サイドとの相性はどちらか。

イッペイとケイタ。若き風の時代はそこまで来ている。自分たちでその扉を開けるのか。齋藤学のピッチ上の居場所を脅かせるのか。
稚拙だっていいじゃないか、速くて、射抜くなら、それがいい。

新しいマリノスの一戦、となるかもしれない。

ナメてるのはどっち? 一番代表に近いのは?

「格下相手にあわや敗戦」「守備崩壊」という紋切型の報道に異議。格下か?マルティノスみたいなのがゴロゴロいるチームがか?

 

守備崩壊? それはもともと堅固な城があって、崩れ落ちるから崩壊という言葉を使う。今季、槙野やら遠藤やらは何失点に絡んでるのか。選んで使う方が悪い。挙げ句の果てに、代表をナメとんのか!と、ロッカールームで怒鳴り散らしたという指揮官。うーん。華麗なる責任転嫁は、むしろ気持ちいいほどだ。

 

日産スタジアムで空席が目立ったというものの、4万人以上は収容していて、2万人程度の日産を見慣れてしまった者からはさほど深刻とは思わない。格下かどうかはともかくハイチに集客力はなく、肝心の日本代表にも長友や香川らに往時の人気がないのは当たり前だ。3〜5年前と比べると、「予想の範囲内」で落ちている。

 

連休明けの平日開催な上に取り立てて話題も争点もない。そんな代表戦をプロデュースしてしまったのだから仕方ないではないか。もりかけだ、国難だ、希望だなんだって、あの総選挙だってもう少しは対決をあおってくるのだが、ハイチに大阪育ちの日系人がいるよってのが話題に登るくらいなんだから、なんじゃそら。

 

これだけケチのついた興行ならば、せめて開催地日産スタジアムに関わる選手、すなわち我がマリノスの選手を潜り込ませてくれればもう少し物好きが見に来てくれただろうに、その辺りのしたたかさもないのである。

 

ただ、日本代表に最も近いと思われていた齋藤学が長期離脱をしてしまい、少々拠り所を失っている。日本代表の予備登録リストには扇原貴宏、山中亮輔、松原健、喜田拓也らの名前があるという。

 

数年前のように、日本代表の中盤といえば欧州組が綺羅星のように?鎮座ましまして居た頃に比べれば、だいぶ層が薄くなった。井手口陽介クラスのインパクトで、一気に代表定着できるわけだが、言うてもハードルは高い。

 

低いハードルのところといえば、やはりココか。吉田、槙野、昌子、植田といった序列に怪我で離脱中の森重がいる。まだ招集されない若手なら中谷や富安といったところか。

センターバック。

懐古的思考だが、8年前の中澤佑二と田中マルクス闘莉王を超える重みのある壁はいない。

 

よほど困難な状況で修行をしなければ、このポジションで真の危機管理能力を備えた選手を育てることはできないのだろうか。

 

その点、新井一耀の選んだ環境は凄まじかった。ワンバック、といっても澤穂希のライバルだった米国のストライカーではない。戦術システムとしての1バック革命。

 

革命家に招聘されて渡った名古屋には本職のセンターバックはほぼ皆無の状態で、加入初戦の松本戦からフル出場。以来6試合先発を続けた。その間、チームは15得点を挙げるも、11失点を喫した。

 

マリノスのメンタリティからすれば、その失点数は耐えられない。4-3の町田戦、一耀は自身の初ゴールよりも3失点を悔いた。そんなコメントを出したのは彼だけだ。他は劇的勝利に興奮しているようだった。

 

精神的にも肉体的にも1バック。これは過酷な環境であると同時に心身ともに鍛えられる素晴らしい環境だった。だが身体がもたずに、今季終了が決まってしまった。

 

185センチとサイズもあるし、名古屋での激務を経た彼の危機管理に期待したいところだ。意外にも一番「近い」のは、怪我が癒えた新井一耀だったりして…。

 

がんばれしゅんすけとか言ってます

もうね、びっくりするほど、トリコロール成分が低めの生活。
ついには、今月末のエコパ遠征の中止も決まってしまった。

理由は2つ。1つは翌月曜日の、超重要な会議の準備。10年に一度の逸材とか、言うじゃない。ああいう感じ、10年に一度レベルの会議。未だかつて経験したことのない豪雨とか言うじゃない。あんな感じ。ぶっちゃけ普通なら、袋井まで200キロ近く遠征している場合じゃない。けれども、中村俊輔が率いるジュビロ磐田との再戦だから、なんとか土曜日に出勤してでも、土曜日に深夜残業してでも準備を終わらせるつもりだった。
こう聞くと、かなり過酷な労働環境のように聞こえるけど、10年に一度のレベルだから仕方がない。エコパまで出かけて、何かあったら目も当てられないのだ。

もう1つの理由は、うちのしゅんすけの試合が入ったこと。最近は月に2回は、土日がつぶれている。困ったことに、直前に試合が組まれることが多いので予定が立てづらい。このエコパの週も危険な予感はあった。いつもは直前に決まるくせに、結局この週は早々に、土・日と異なる大会へのエントリーが決まって、完全に試合終了。いや、逆だ、しゅんすけの試合はこれでたくさん見られる。

小学校1年生の試合、それもたいした大会ではなく、1日限りのフットサルだ。この先、どこを目指しているんだかは知らない。たぶんしゅんすけ本人もよく分かっていないと思う。これが高学年になると、友達とともに電車で勝手に出かけたりするのだろう。だがまだ1年生だ。
それに加えて、我が家にはこの数年で培われたトリコロールなサポーター気質がある。したがって、次男の通称・バブンスキーももれなく練習試合に帯同するのである。本家のバブちゃん同様に愛想がよくてイケメンだが、息子同様に本家は全然試合には絡まない(涙)。

そんなジョークは置いといて、少しずつ一生懸命にサッカーをやるようになってきたのが、しゅんすけの最近の変化。こないだは味スタに中村俊輔が乗り込んで来たため、うちの奥さんは単身で観戦に行くはずだった。結果的にその日も、「こっちのしゅんすけ」の試合と重なってしまったのだけど、そんな妻は、「あっちの俊輔」の試合諦めてこっちのしゅんすけの応援に来たのだから、絶対走り負けるなと叱咤。そう、ウマイヘタはある意味仕方がない。くっそウマイところに勝てなくたって怒ったりはしない。だが気持ちが切れていたり、途中で諦めたり、そんなのは許したくない。日産スタジアムでプロを応援している時でも、スコアがビハインドな場面で消極的なボール回ししていると「気持ち見せろよ!」と怒り出す人がいるでしょう。あの感じ。

で、その日は結局、惜しい試合もあったのだけど、4チームによる総当たり形式で、3戦3敗だった。これは、今年から入団してしまった強豪チームではなく、昔から馴染みの地元チームの仲間と臨んだ試合だったから苦戦は必至だったのだ。その帰路、初めてしゅんすけが号泣していた。チームメイトはケロっとしているのに、なぜか彼だけが悔しがっている。

今までは子供にありがちな「うーん、くやしー。くやしーけどつぎこそはゆーしょーだぁ!おー!」みたいな馬鹿ポジティブな反応だったのだが、この敗戦ははっきりと違った。

恐らくは弱小であっても、中心選手の自覚がそうさせるのだ。比べるのはあまりに失礼と先に断っておくが、今季の出だしではチームの敗戦責任を一人背負うように泣く齋藤学の姿があった。本質的には一緒なのではないか。

フットサルは人数が少なく1対1の場面が多いので、子供であっても責任が重い。このこともしゅんすけの自覚を促すのに適当だった。

その夜、私がサポーターとして送ったアドバイスは大したことではない。
弱いからこそ味方に指示を出してやろう
1人剥がして、相手ゴールに近づいてからシュートを打とう
取られたらすぐに取り返そう。切り替えの早さが命

たった1週間後、次なるフットサル大会がすぐにあった。この日も、弱小チームで出場、しかも運動会と重なった何名かが欠場するというさらに厳しい条件だった。トンデモナイレベルのチームには二桁失点の大敗も喫した。

だが、彼なりに準備をしたのだろう。一週前よりも、声出し、1対1の局面での落ち着きが向上していた。2戦2敗同士の最弱決定戦で、しゅんすけが3ゴールを挙げて、6-0の勝利に導いたのだった。

続く3位決定戦では、同じチームに2点を先制されるまさかの展開で、後半開始からしゅんすけを投入。そこから彼の1G1Aで同点に持ち込み、PK戦では自ら決めて勝利に貢献。親のひいき目とかを抜きにして、しゅんすけがいなかったら、この2勝はなかったと断言できる。

成長を見せつけた1週間。では帰りの車の中が、しゅんすけに対する賛辞に溢れていたかと言えば、むしろ逆。できなかったプレーを思い出させては、厳しい指摘の声が両親から飛ぶのである。

おお、スパルタ!星一徹のようだ。
かと聞かれたら、そうでもない。もしもあなたがクリロナの親ならば、たかがフットサルの1試合で満足するだろうか。そんなことはあり得ない。

勝利は確かに素晴らしい。でも相手に恵まれたに過ぎない気持ちも強い。彼の所属する強豪チームならば、優勝していたかも知れないし、彼の出番などなかったかもしれない。

つまりは、要求するレベルが上がる。より高いレベルを知るほどに。
Jサポもそうだと思わないか。もし残留争いをしていたら、1試合の引き分けすら高い価値に思える。優勝争いをしているチームなら引き分けは負けに等しい。J2のチームなら、J1に勝てばお祭り騒ぎだし、J3に負ければお通夜になる。だから天皇杯はかくも面白い。

果たして、両親が求める水準はどんどん上がってしまっている。そのことは本人も少しずつ気づいているだろう。

ともあれ、公式戦での人生初ハットトリックは誇らしい。マリノスが残留争い候補から、優勝争いに足を踏み入れたように、君のサッカー人生にも幸多かれ。