銀皿航海 蹴球7日制

横浜F・マリノスサポーターです。好きな言葉はシャーレです。

そこに工夫と闘志はあったか【YBC第1節・C大阪戦】

仲川輝人はもがいていた。この日、右サイドハーフで先発し、ドリブルでの仕掛け、一瞬のスピードでの裏を狙う、守備も真面目に頻繁に。本来自分がいるべきリーグのピッチに立つために今日何をすべきか。自分ができる選手だということを証明したい。飢餓感が表れていた。

試合を押し込んでいたのはマリノスだった。流れの中ではほとんど相手に崩されていない。ところが、2つのCKでのマークミスで終わってしまった。どちらもボールウォッチャーがひどい。1点目のシーン、扇原貴宏田中裕介の担当ではなかったのか。フリーで田中に折り返され、フリーで決められるという屈辱。その瞬間に扇原は栗原勇蔵にくっついていたくらいだから。

2点目では、栗原は自身の背後にいたリカルドをノーケアだった。この2失点目は、チームの自信を奪ったように見えた。殴られたら殴り返せばいいのに、大した被決定機がないまま2失点を喫したことにショックがあったのだろう。

それでも、まだ2点差。2点取り返そう。まずは1点だ。ゴール裏にはそうした気持ちはあまり伝わってこなかった。相手のブロックを崩すには、リスクを恐れないチャレンジが必要だ。チャレンジする勇気が持てなかったのか、アイデアがなかったのか。横パスとバックパスが多く、それがズレるようでは。しかも球際では、C大阪の方が公式戦初勝利に燃えている。厳しかった。

とは言え、勝機がなかったわけではない。最大のチャンスは1点を追う後半開始早々。遠藤渓太が左サイドを完全に突破して、クロスを送る。フリーの中島賢星は、丁寧に合わせればよかったが、難しいコースを狙って豪快に枠外へ外す。決めなければならないシーンだった。そしてサッカーにはよくあるように、直後に2失点目を喫する。実にもったいない。

富樫敬真のコメントがこの日のもどかしさを物語る。戦術面では、前半味方との距離が遠くて孤立していた。後半は改善して、相手を押し込むことができた。ただし戦術よりももっと根本的な問題があった。いくらいい攻撃ができて主導権を握っても、最後の強引さが足りなかった。大阪まで来てくれたサポーターに申し訳ない。

大事なのは次の試合だ。とくに自分なりの挑戦をしていたと思う仲川、遠藤、高野遼の次には期待したい。扇原はマークの改善だ。ロングパスはさすがと思わせるものが出ている。栗原、中町公祐伊藤翔はすぐにリーグも見据えなくてはならないが本来の能力からすれば不満。(中町が60分足らずで下がったのは、週末のベンチ入りのために予定されていたから?)「なんとなくやっていたわけではないけれど」という勇蔵、もっとガツガツしてほしい。その姿がチーム全体の闘志にスイッチを入れるのではないか。

杉本大地の2失点はキーパーとしては、辛い。良い飛び出しもあった。今後もカップ戦で信頼を積みたい。新井一耀とパクジョンスは、デビューからちょうど一年。それぞれ試合に出だことで、成長したのは事実だが、もっとできるだろう。途中出場の前田直輝は悪い時の前田。周りが見えていない。

吉尾海夏は、次もチャンスがあるだろう。仕掛けよう、戦おうという意志は見えた。わずか10分でもデビュー戦だ。敗戦は悔しいが、これから登るしかないのだから楽しみ。賢星は消えている時間が多かった上に決定機をモノにできなかったので、心象は悪い。監督の求める2列目像とややタイプが違うだけに自分で自分を見せなくてはならない。不思議なロストが多くてボランチには怖すぎた。

 

大事なのは次。しばらく間は開き、4/12のホーム神戸戦だ。リーグ戦もおやすみの週があるので、大半のメンバーは今からこの試合に照準を合わせるべきだ。うまくプランがはまらない時、先に失点してしまった時、どうするのか。

監督に言われた通り以上のことをできる選手がリーグでも結果を出しているのは明らかだ。それとも、そんな選手にカップ戦にも出て来てもらうのか。違うだろう。

 

長居の夜風がやけに沁みた。帰り道の気持ちはあまりいいものではなかった。「学がいないとダメなのか」は、カップ戦組にも言える。いつまでもあるわけではないけど、いまはまだ次はある。次こそやり返そう。

長居の風が冷たかったせいだ。投宿後にルヴァンをやけ食いする手が止まらなかったのは。

次は、喜びのルヴァンパーティーを開かせてくれよな。

 

栗原勇蔵、復活の狼煙をあげる【YBC第1節・C大阪戦 展望】

松田直樹の誕生日に合わせて、彼を敬愛する栗原勇蔵が自身のインスタグラムに在りし日の写真をアップした。一緒に食事でもしてたのだろうか、リラックスした笑顔がそこにはある。

栗原勇蔵は、今年34歳になる。つまり松田直樹に追いつく。「ずっとマリノスにいられて羨ましい。歳をとらないから老けないですね」という栗原のコメントからは、松田に対して、またマリノスに対しての深い愛が伝わってくる。このユニフォームへの誇りを持って戦う選手はやはり勇蔵かもしれない。

今晩、5ヶ月ぶりにピッチに帰ってくる。左膝の側副靭帯を痛めたのは、10月、G大阪とのルヴァン杯準決勝だった。そこから復帰して再離脱、結局ここまで長引いてしまったのは意外だった。

思えば、昨年もルヴァン杯の初戦で先発し、途中で痛めてファビオの途中投入となった。ここ最近、1〜2年の勇蔵はなかなか万全の状態になれない。ただでさえ、昨年まではファビオ、今年からはミロシュ・デゲネクとポジションを争うライバルが強力だ。置かれている立場が厳しいのは間違いない。

だが自らの意志でマリノスに残ることを選んだ勇蔵が万全なら、チームの安定感は増す。それにミロシュは豪州代表に選ばれているし、今晩最終ラインでコンビを組むパクジョンスも怪我明け。万全の勇蔵が果たす役割、ここ一番で試合に出る機会は決して少なくないはず。

ただ本人も言うように、実戦から長く遠ざかっていることで、ゲーム体力や試合勘という面では不安が残る。それを取り戻すには、試合に出ること以外ないのだから、一歩ずつ復活の道を歩むしかないだろう。

勇蔵が高い力を示せるか。ここが一番な見所となる。

____富樫____

遠藤__中島__仲川

__扇原__中町__

高野_パク_栗原_新井

____杉本____

 

存在感を示したいのは他の選手も同じだが、これがマリノスの公式戦初出場となるのが杉本大地扇原貴宏。扇原は初戦が古巣との対戦となる。怪我で出遅れた杉本の出来も重要。飯倉大樹を欠くようなときに一番頼られるべき存在だからだ。昨年の実績があるが高野遼も、マリノスに入団後は初出場。下平匠山中亮輔が帰ってくる前に、攻撃参加と課題の1対1対応で結果を出したい。

2列目の3人。この試合後に、U-20代表に行く遠藤渓太は別としても、中島賢星仲川輝人には大チャンス。例年指摘している通り、カップ戦で結果を残した者は、リーグ戦でもチャンスを与えられ、レギュラーを奪回することさえある。

 

対するセレッソは3季ぶりのカップ戦で、こちらも大幅なターンオーバーとなるよう。注目は後半から出場と噂の清武だろう。復活を期す勇蔵にとっては、彼を封じればと考えれば、むしろチャンス。

6試合で突破か敗退か(それともプレーオフ)が決まるシンプルなグループステージを今年も突破したい。昨年はあと一歩届かなかった決勝の舞台、そして16年ぶりとなるルヴァン杯ウィナーの称号へ。

昨年も同じような完全ターンオーバーでGLを突破できた。今年できない道理はない。出場機会の少ない選手たちの飢えと意地がポイントとなる。その中心に、栗原勇蔵はいる。

 

さあ大阪で、まず勝とう。

25回目のカップ、我らは申し子なり

伊藤翔さんが右脚を痛めながらも放った。最後の力を振り絞ったシュートでマリノスの決勝進出の道は見えた。そして程なくガンバによって道は閉ざされた。またもや準決勝での敗退。毎年のように善戦の、定番のベスト4だ。

ナビスコと呼んだ方が世間的にはしっくり来る。ルヴァンの名は、これから広めていかなければなるまい。昨秋以降、我が家にはリッツではなくルヴァンがある。あれだけ毎試合のようにルヴァンを頂くと、在庫がなくなると寂しいものだ。ほら、YBCさん、着実に根付いています、広告宣伝効果はありますよ。YBCさん、ありがとう、ルヴァンが好きな人はRTしてね!って言えば、それなりに広まるのではないか。

YBCヤマザキルヴァン杯が明日、25回目の幕を開ける。最多優勝はご存知、鹿島の6回。大会通算の勝利数も、鹿島は82勝で最多を誇る。

我がマリノスにも最多記録がある。通算168試合は、2位の鹿島161試合を引き離す。通算80勝27分61敗で、この敗戦数も広島の58を上回って最多となる。

日本で最もこのカップ戦を戦ってきたクラブであり、これこそマリノスのポジションの証でもある。なぜか。

それは鹿島や浦和はACL に出場している年が多いので、グループリーグ6試合が免除される。つまり今年もGLから戦うマリノスと、シードされる鹿島の差は開くことになる。仮にマリノスがGLの6試合で敗退したとしても、鹿島が決勝まで戦った場合の試合数は5。通算試合数の差はわずかに開く。

通算試合数ナンバーワンの意味は、いかにほぼ毎年、ACLに出ずにルヴァン杯を大切にしてきたかの証である。それに、いかに安定して中位にいたかの証でもある。呼んでもらおう、ルヴァン杯の番人と。なんだかJFLのHONDAのようでちょっと微妙だな。

 

今年の変化は2つ。「若手枠」とプレーオフの導入だ。

まず若手枠は21歳以下の選手を1名以上、「先発」メンバーに含むことを義務付けるもの。若い世代の出場機会確保という狙いがある。遠藤渓太、吉尾海夏、原田岳にとってはチャンスが増えると言える。ユースの山田、堀も出場を狙える。なお、仮に遠藤が代表に招集されている場合は、このルールは適用されなくなる。遠藤以外のメンバーを無理に出さなくても良い。マリノスにとっては、今のところ大きな問題にはならないだろう。

一方のプレーオフ。従来のグループ上位2位までが勝ち抜けというレギュレーションが変わった。1位は勝ち抜け、2位はもう一方のグループ3位と、ホームアンドアウェイプレーオフを行うというものだ。ここで勝ち残った2チーム、1位突破の2チーム、さらにACL 組4チームを加えて準々決勝に進出となる。

 

相手の3位を予想することに意味はないだろう。目の前には対戦順に、C大阪、神戸☆、新潟☆、甲府鳥栖、広島☆という相手が待っているのだから。

☆はホーム、無印はアウェイだ。首都圏にJ1チームが多いはずなのに、これでもかと遠方、とくに西のチームが揃った。移動はタフだ。

サポートする方にとってもタフなのに加えて、別途スカパーの契約をするのか、したらDAZNとのダブルで割高やんけ!問題も横たわる。

 

それでも始まる。始まったら楽しむだけ。まずは3年ぶりの金鳥か。この緊張感は、開幕前日だけのものだよ。オヤジギャグのお後がよろしいようで。

 

 

 

シャーレ妻の反応

連日自分たちの話ですみません。

しかも自分の予想以上に女々しい文章になってしまいすみません。昨日の原稿を書き上げた際にはまだ聞いてなかった話。

 

大宮対磐田を家族で観戦して、帰り道。ドタバタした終盤を振り返るとちょっと頼りなかったが、それでも逃げ切っての勝利を願うスタンドの姿は万国共通。それにしてもカミンスキを中心に危なっかしくも磐田は守りきった。

スタジアムを出た開口一番は、やはりあのFKの話題だった。あの吹田で、大阪のファンを黙らせたFKからほぼ丸一年、再び眼前でゴールを見られるなんて。俊輔の移籍初ゴール、初勝利を見た。俊輔が見せてくれた。

 

そのことで、整理がついた気がすると妻は言う。

諦めという言葉とは少し違う。子供の巣立ちをはっきりと認識したような気持ちだそうだ。俊輔については、小林祐三のようにこの試合でおしまいという区切りがついていたわけではない。だから一層、サポートする側にとって節目、けじめが必要だった。中村俊輔を自分の子供扱いするとはなかなかだと思うが、感情移入とはおそらくそういうことなのだろう。ともかく、あの23本目のFKと、久々に見せた屈託のない笑顔は、妻にとっては別れのセレモニーだった。「違うチームだけど、元気に頑張ってる姿を見られてよかった。本当に違うチームなんだということも認識できた」

 

12月30日に遡る。天皇杯で鹿島に敗れた翌日のことだ。元日の吹田遠征の予定が雲散した私達は、近場の温泉に向かっていた。遠征が消えて浮いたお金を片手に、このまま家で喪失感とともに年越しはできないと思った。

高速で妻が話していたのは、マリノスが遠くのアウェイで行けない日に、磐田が首都圏で試合するならそれに行きたいかもということ。また帰省を絡めて、ヤマハスタジアムにも年に2〜3試合は行きたいということだった。

 

正直に言って、11日の試合後、もうそれは結構というのが私の感想だった。どっちが勝っても負けても、震えられないサッカーを観るのはテレビで十分だと思った。

妻かこの試合後もヤマハに行きたいと言いだしたら、どうやって自分を奮い立たせようかと思った。だが、んー、私ももういいかなと言った。FKに魅せられてやはり区切りがついたのだ。これからもマリノスを応援してねと誰かが言っているかのような巡り合わせだと、勝手に思っている。

 

多くのマリノスサポーターがつけた整理を、わが家族は約3ヶ月余計にかけたことになる。いや、どんなサポーターにもあるのかもしれない。その時に、サッと切り替えられる人、そうでない人もいるだろう。どちらが正しいかということはないと思う。

これで再び、妻がマリノスの年チケを買うかどうかまでは話していない。とりあえず回数券のような「5試合選択券」は持っているし、まだ先だろう。俊輔ロスに囚われている間も、周りで話しているマリノスの話題には全てついていける程度には、私もサポーターなんだと胸を張っていた。やはり好きなチームがあることはとても無邪気で、それだけで幸せと言える。

 

ちなみに大きなお世話だし、誰も得しないから、書かないつもりだった。けれど、その決意を揺らがせてしまうほど、ナクスタで聞いた俊輔用に作られたというチャントはとてもアレだった。(以下、完全に個人の主観)

trfEZ DO DANCEという23年くらい前のヒット曲がベースになっている。名前とラララを繰り返すチャントはよく言えば、シンプルで誰でも覚えやすい。普通に言えば何のひねりもない。私はゾクゾクする感覚はなかった。俊輔が移籍したことへの嫉妬とかひねくれてるとかではない。川又堅碁のも覚えやすく、ひねりがない。

ただし、これは感性の問題。他の人はおそらく言うだろう、兵藤や藤本淳吾の複雑怪奇な曲こそ、サポーターの自己満足、自己陶酔だと。作る人、歌う人の考えや嗜好も違うのだから、塩梅は難しい。正解はなく、磐田の歌を否定しているのではなく、私には合わないと言っているだけだ。

日常的に鼻歌で歌われるような歌が理想だろうか。そんな名曲を仮に作れと言われても、難しいけれど。

 

磐田のスタンドからは名波監督の歌も聞こえてきていた。いつか私たちが再び、中村俊輔のあの歌を歌う日も来るのかもしれない。

そんなことは封印して、また前に向かう。

 

 

 

忘れない3月11日

14:46、そして黙祷。

忘れることなどないと思っていたが、首都で普通に暮らしていると確実に記憶が風化していることに気付く。その記憶を呼び戻すように、犠牲者、被災者に想いを馳せる3月11日。

Jリーグが当たり前のように毎週末観られる幸せ。自分のチームが勝てば 1週間をより幸せに過ごす。負けたとしても、何や××も負けたんか、ザマァwと、心の狭いせめてもの救いで心を鎮める。仮にマリノスだけが負けて、他の全チームが勝ったとしても、週末にサッカーがない哀しみと不安に比べたら。突然、家族や生活が失われることに比べたら。今が何と幸せなことかと感謝せずにはいられない。

3月11日は、祈るべき日。あまねく日本人にとって。

 

大宮対仙台の試合前にも、センターサークルで両チームが輪になって黙祷が捧げられた。私たちはNACK5のビジター側にいた。目的は磐田の応援ではないので、指定席でゆっくり見たかったのだが大枚をはたく程ではない。自由席に落ち着いた。あ、気持ちは落ち着かない。中村俊輔を観る目的でそこにいるのが正しいのかどうか。でも妻は楽しそうだ。

あっ、マリノスの記事を読みたくて訪れた方は文末まで飛ばしていただきたい。

 

立ち上がりの不安定な時間はたった5分だった。中村俊輔が、FKを直接叩き込んだ。コースは甘かったが、GK加藤の逆をつき、駆け引きに勝利した。

両チーム2連敗スタート、しかも無得点というこれ以下のない状況から先に抜け出したのは磐田。俊輔のフリーキックによって呪縛から解放された磐田のペースで試合は進む。後半開始早々には大宮守備陣のミスが絡んで移籍初ゴールが川又にも生まれて完全に磐田ペースに。でも試合を落ち着かせられたとは言い難い。フィニッシュの精度が低く、打ち合いにはならなかったが、大宮に一点を返された後の磐田は浮き足立っていた。岩上のロングスローに翻弄される。カミンスキーがどうにか弾く。どうにか1点を守りきった磐田が初勝利。俊輔の安堵の表情を久しぶりに見た気がする。

 一言で言えば、中村俊輔は健在だった。 

FKだけではない。スルーパスも、サイドチェンジも、味方へのポジション修正の指示も。チームに勝ちをもたらしたと言える仕事をしてみせた。こうして、横浜ではない別の場所で、最終章の輝きを放っている事実はとても眩しい。私自身の話をすれば、去年の博多の森、吹田に続いてまた大宮でも中村俊輔のFKを生で目撃するなんて、引きの強さに驚く(笑)。

 

そして寂しい。今日私は俊輔のあの似合わないユニフォームをこの目で目撃して、敵であることを実感した。普段、マリノスの試合だったらそこまで冷静に見られない。ボールの行方も、全選手のプレーが気になる。でも私は89分間、俊輔だけを追っていれば良かったし、だからこそポジショニングや、突然スイッチを入れてダッシュするタイミングなどを見ることができた。次に俊輔を観るのは、日産スタジアムだと思う。はっきりと敵として。上手くてため息が出るけど、はっきり敵である。

 

昨年12月末、鹿島に天皇杯準決勝で敗れた瞬間から、マリノスにとって激動のオフが始まった。俊輔との別れもあそこで経験した。
それから3ヶ月、新たなスタートを切ったマリノスはまたも鹿島に敗れ去った。鹿島に始まり、鹿島によってマリノスの転換期第1章は終わったのである。そして、その幕を完全に降ろすように俊輔のFKが大宮に突き刺さった。マリサポ一家による不思議な観戦記は

つまり、ここからだ。浦和と鹿島に1勝1敗は、激動のオフを思えば悪くないはずだ。ここから新潟、C大阪、磐田の3試合は落としてはならない試合だ。その後にはアウェイで広島、柏、ホームでG大阪とここを倒して上位に行きたい相手との3試合が続く。

春は来た。新しいマリノスの本格的スタートの時。栗原勇蔵やパクジョンスの復帰も間近だ。毎年、マリノスに新戦力の台頭という収穫を与えてくれるルヴァン杯が始まる。
私のサポーターライフも5年目。第2章に入ったことを実感した週末である。

 

マリノスも俊輔も好きです。マリノス対磐田は、うちが圧倒しますよ。別にそれでいいですよね?